健康食のきのこを美味しく食べるには!きのこ嫌いの方へ🍄

きのこが健康食であることは、皆さんご存知だと思います。
カロリー0の植物でもなく勿論肉類でもありません。

菌類ですが、発酵食品でもありません。
きのこは、菌糸の結晶ですから菌そのものを食することが出来ます。

世界遺産の日本食の特徴は、ダシを使って季節の食材の味を引き出す事でしょうか。
昆布だし・かつおだし・と同じようにきのこからもダシが取れます。

意外と「干しシイタケのダシが嫌い」「匂いが嫌い」という話を聞きます。
きのこは、シイタケだけではありません。

鍋料理の恋しい季節、きのこを取り入れて健康を保ちましょう!
鍋のきのこが食べられれば、問題ありませんが
もう少しきのこ料理について考えてみました。

続きを読む

しめじのラストバッター🍄シモフリシメジ(霜降り占地)

しめじの種類は沢山ありますが、ラストを飾るのは
霜が降りる頃に発生するシモフリシメジですね(*^▽^*)

夏の頃から微妙に発生時期をずらして、沢山のきのこ達が私達を
楽しませてくれます。

毎週のように山に遊びに行って、山の様子や気候の変化を肌で感じ
自然界の中で生きている実感を得させてもらえて・・・本当に嬉しいです。

霜が降りる早朝でなくても、陽の高く上った秋晴れの山の中を
きのこを探して歩くことは至福のひとときです。

晩秋の頃になると山の中できのこを探す目も慣れてきてはいますが、
上級のだまし絵で探すような感覚を楽しませて頂いてます。

枯れ葉や枯枝と同じような色でキノコハンターを惑わしてくれるシモフリシメジ
採って処理して食して・・「美味しい」のだからきのこ狩りは止められません🍄


続きを読む

大雨警報ときのこ達🍄山のキノコの独り言

全国のキノコハンターの皆様、今年はいかがでしょうか?
今年は特に皆様の事が気にかかります。

例年マイペースで食べられるだけの量を採取していました。
出来る限りの行動範囲で、きのこ狩りに出かけます。
きのこ好きの方ならご理解いただけると思いますが、実物と図鑑の写真を照らし合わせる
学びの時期でもあります。

何んとか食したい分だけは確保できたものの、
全体のきのこの発生量が少ないと感じています。

各地のきのこ祭をみても寂しい限りです。
大雨警報が出ている千葉から「山のキノコの独り言」です。


続きを読む

異常気象?10月にシャカシメジ?マツタケ今年はナシ?!

10月に入りマツタケのご報告が出来る予定でいました。
しかし、
全くダメです。

いつも通り、気力・体力・経済力・傾向と対策できのこ狩りに向かうモノの・・・
全くのボウズ。

反省点を探してみても思い当たりません。
異常気象のせいにしてもマツタケが現れる訳でもなく・・・

「これは何かあるに違いない。」と色々と考えてみました。

全くの個人的な妄想ですので、聞き流してくださいね(*^▽^*)

続きを読む

ほんしめじ🍄今年もなんとか無事に年を越せそう!

2019年後半戦、キノコ狩りのシーズンを迎え
気になるのは今年もほんしめじを収穫できるか?!

ほんしめじは、やはり美味しいキノコ。
秋の味覚を堪能させてくれます。

そして、
毎年お正月のお雑煮は、天然キノコのほんしめじ とここ数年決まっています。
ですから、
ほんしめじが採れないということは、年を越せない危機となる訳です。

今年もなんとか収穫できたので、ほっと一息したところです。
なぜそんなにも魅了されてしまうのか?
色々と考えてみました。

続きを読む

キノコ狩りシーズン真っ盛り!山のキノコの独り言

キノコ狩りシーズン真っ盛りに突入しました。

夏山登山客が去った後の富士山は、
静かにキノコハンターさん達を迎えてくれます。

キノコ狩りの醍醐味は、気力・体力・経済力・傾向と対策で
観察と収穫と食することですね(*^▽^*)

今回はハイキング気分できのこを見て頂けたらと思います。

非日常の山の中の様子を写真に収めましたので、
想像をめぐらし山の中を歩いている気分を味わってくださいね。

続きを読む

秋のキノコ狩りスタート!夜明け前の富士山が祝福🍄

いよいよ秋のキノコ狩りシーズンが到来しました。

待ちに待った富士山でのキノコ狩り、今年も一冬を過ごして
夏の登山シーズンを終えて、どんな様子になっているのかな?!

富士山はまだ夏の登山客を迎えていて、山小屋の明かりが山頂へと続く登山道の場所を示しています。

今頃登山している人は、今日のご来光はきっと素晴らしいのでしょう。
夏山シーズンのうちで山頂で朝日が昇る瞬間に立ち会えるのは、色々な条件をクリアし
ラッキーが重なった時だけですね。年に何回そのチャンスがあるでしよう?

今回の収穫、富士山の山の中の様子などいつものキノコ狩りの報告となります。

続きを読む

毒キノコ!バライロウラベニイロガワリ 山のキノコの独り言

バライロウラベニイロガワリは、「薔薇色裏紅色変わり」
と、何とも素敵なお名前ですが相当の毒らしいです。

名前の通りお花のバラを連想するようなきれいな色。
毒きのこのイメージにピッタリですね。

自然界の毒は、何故あるのでしょう?
人間の命に係わる物質は全て毒ですが、自然界の必要は満たしているモノかもしれません。

きのこの毒について・自然界の毒について・身近な毒について
山のキノコの独り言です。

続きを読む

きのこ狩りの醍醐味!自然界と人との関り

きのこ狩りを趣味として、山中に御邪魔するたびに
自然の大きさを感じさせられます。

先人は自然からの恩恵を上手にいただき、
里山の暮らしを充実させていました。

山の中を散策するだけで、清々しい空気を体内に取り入れ
木の香りを楽しみ、鮮やかな緑を目にして( ^ω^)・・・

まるで地球が私と言う人間を
優しく包み込んでくれる安心を味わうことが出来ます。

山の中では、どのような事が起こっているのか妄想力を駆使してみますね(*^▽^*)

続きを読む

青森バイオマスエネルギー推進協議会のキコリ講座に参加

夏を彩るタモギタケ・・・
木ときのこは切っても切れない間柄。

木が健全であればきのこも健全。
命の源・山の良し悪しは一本一本の木。

昔から山の仕事といえば「マタギ」か「キコリ」

という訳で、
元気なきのこといつまでも仲良しでいたいから
「キコリ講座」で教えて頂くことになりました。

なぜ今更「キコリ」?
人海戦術の大切さも教えて頂きましたよ😊

続きを読む