風の時代の過ごし方🍄日本の四季を味わう「きのこ狩り」

風の時代という言葉を聞きなれない方も多いと思います。

今までは地の時代だそうですが、

風はきのこの胞子にとっては無くてはならない自然現象です。

 

金木犀が咲いたらきのこが出てきた合図。とよく言われます。

爽やかな秋の風に乗っていい香りで私達を楽しませてくれますね。

 

今年は9月に既に「きんもくせいが香っている」との情報にふれ、

とても心配していました。

 

という事は・・・緊急事態宣言も解除になり

堂々と県外へのきのこ狩り遠征をしよう!!

と、久しぶりのきのこ狩りに行ってまいりました。


続きを読む

2021年夏のきのこ狩り事情🍄いい事のある前触れ?!

 

2021年も折り返しを過ぎてから、オリンピック・パラリンピックと

なんとか無事に過ぎましたね。

 

去年に引き続き、コロナの影響から県外へのきのこ狩り遠征を控えています。

家でオリンピック・パラリンピックを応援する以外は、近場の自然を見直す

良い機会に恵まれました。

 

とは言え、

我が家の近場は、放置林か竹藪か工場の緑地帯です。

 

長雨や残暑に振り回されましたが、緑地帯でナラタケモドキが元気に群生している姿を

見ることが出来ました。

2021年の夏のきのこ狩りは、報告する題材がないのでこれからの秋に期待したいところです。

山のキノコの独り言になります🍄

 


続きを読む

落花生の栽培現場🥜山のキノコの独り言

私の生れ育った千葉県の名産は、落花生です。

落花生落下の現場をついに見つけました。

 

いつもの年でしたら夏のキノこのご報告が出来るのですが、

自粛してご近所での発見! 落花生栽培現場からです。

 

直ぐ近くの農家さんの畑で見ているはずなのに、

初めて見ることが出来ましたのでご報告いたします。

 

不思議と言えば不思議ですが、

なるほど「落下生」とはそのまんまの素晴らしい名前だと改めて感じました。

落花生」🌸ですね(*^▽^*)

続きを読む

梅雨時が旬の「○○〇マツタケ」名前の由来は何でしょう?!

 

きのこの旬は秋ですが、梅雨時の雨の量を考えると

私達が食に適していないと判断しているきのこは、

初夏から真夏にかけてかなりの数になると思われます。

 

長い雨続きで、「しばらくぶりに外を歩ける!」と

喜んで散策すれば・・・

次第にきのこ目が蘇ってきます。👀

 

というのは、

きのこ菌の病を持病として持っている人の定めかもしれません(*^▽^*)

 


続きを読む

カンゾウタケ?! 肝臓を連想させるきのこ🍄

 

5月、6月にスダジイの大木の幹から赤いベロ(小さいので、チョッとだけ可愛い)を見つけたら

きっとそれは「カンゾウタケ」

どうしても名前が・・・

 

あまり良いイメージが湧きません。

 

で、持ち帰り一通り眺めて

切って切り口を見て

 

さぁ~、どうしたものか・・・

 

今年(2021年)の春は物足りなさでいっぱいです。

 

それもコレも全てコロナのせいにして、何かいいことないか探してみました。

 

続きを読む

カーバーパルーザー・木の粉の魔術師達

野外で活動するのによい季節になりました。
4月11日・千葉県市原市クオードの森にて
カーバーパルーザが開催されました。

 

チェーンソー・一本で丸太を彫る芸術祭です。

と、足元には木の粉がいっぱい🍄

 

栗田さんの開催するパルーザに全国のカーバーが参加してくれました。

2021年の今年は、昨年のコロナからの2年ぶりの開催となりました。

 

2019年と同じく、大会で技術を競うのではなく「お互いに影響し合いながら楽しく彫る」
栗田さんの人柄の出る催しでした。

山のキノコ(キノ小僧&キノ子バァバ)は、たけのこ屋さんとして参加🌸

なんとテーマは「きのこ」(?)

まさしく、きのこの山たけのこの里の競演となりました(?!) ・・・

と、勝手に思っています(;^ω^)

 

栗田さん情報はコチラをご覧ください。

チェーンソーアートの栗田さんの技を目の当たりにして


続きを読む

たけのこ料理・山の恵を美味しくいただく

下処理が終わったらいよいよ調理!

 

たけのこご飯やおみそ汁、おかか煮や

わかたけ煮が日本の定番ですね。

 

中華料理では春野菜と一緒にご飯の進むおかずで

モリモリ栄養がとれます。

 

栄養と言うよりは、春のエネルギー

身体に取り込むかのようですね。

 

山のきのこ(きの小僧&きの子バァバ)のたけのこの楽しみ方を紹介します。

続きを読む

山はきのこ、たけのこは里? たけのこの下処理

春はたけのこの季節ですね。

新しい命の誕生が勢いよく里に春を告げています。

 

新しい命が元気よく数を増やしていく、という事は

新旧入れ替えでもあり

里は藪へと変化していきます。

 

つまり

新しい命はほどほどに間引きをして美しい竹林の環境を保つために

人間がするべき事とは・・・

美味しく食べてあげる事です。

 

感謝ですね~✨

 

美味しく食する秘訣は、何と言っても鮮度です。

掘ったら、直ちに下処理をします。

今回は何故か山のきのこ流たけのこの下処理を紹介しますね(*^▽^*)

続きを読む

きのこの写真🍄 山のキノコの独り言

ポカポカ陽気に誘われて、自然の中をお散歩すると・・・

色々な景色が私達を刺激してくれますね。

 

ある方から

「このきのこは何と言う名前のキノコでしょうか?」

というお便りを頂きました。

 

とっても嬉しいですね(*^▽^*)

本来であれば実物を見ながら「あ~でもない」「こ~でもない」と

図鑑を見比べながらお話したいです。

 

コロナ渦のご時世ですので、換気の良い野外活動は

心身共に健康的でよいことだと思います🍄

 

提示くださった写真は、使わせて頂くことを

快く許可頂きましたので掲載させていただきます。

 

貴重な写真本当にありがとうございます。

続きを読む

野っぱらにきのこ🍄竹藪にたけのこ

草木の芽吹く春ですね🍀

相変わらずの気候変動と昨年からのコロナ渦で、

なかなか外を楽しむ機会がないと思います。

 

でも、よーく考えてみると田舎(どの程度を田舎と呼ぶのか?)では

とっても換気が良くて、かえって家の中に閉じこもっているよりも

健康的だと思いませんか?!

 

何もないと思っていた野っぱらで、名もないきのこを見つけましたよ🍄

土の中ではもぞもぞと微生物たちが活発に動き出しています。

 

あ~そうそう、春と言えば、「ハルシメジ」。

チョッと早いですが、桜が散ってからいよいよキノコシーズンが始まります。

情報はコチラをご覧ください。

春をイメージする言葉と言えば?ハルシメジは外せません!

 

春の山菜たけのこと秋のきのこは、永遠のライバルらしいですね。

「たけのこの里」と「きのこの山」は、どちらも美味しいお菓子ですが

今年初のたけのこを探し当て美味しく頂きました。

続きを読む