きのこ狩り!最後の難関はキノコの処理!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キノコ狩り日記の最後は食ですが、

その前に難関が( ^ω^)・・・

 

キノコ狩りは、楽しいのですが、帰宅してからの処理は大変です

なんせ

外のモノを自宅に持ち帰り、口に入れようとしていますので

 

めいいっぱい山歩きをした後でのチマチマした作業はつらいです。

どうやって楽をしようか?と悩みながらいつもの作業を繰り返しています。


キノコの処理

キノコハンターさん達は、帰宅してからゆっくり休みたい気持ちをグッとこらえて・・・

やっぱり

ビールですか?

 

キノコもそのままにしておくと、カビが生えて食べられなくなってしまいますよね。

最近は、

土のついている部分をカット

大まかに水洗い

歯ブラシでゴシゴシをイスに座って作業することで

少し楽をしています。

 


見るからに虫はいなそうですが、ヌメリササタケは要注意です。

 

塩水につけてから湯がいて冷凍、次回出てくるときは

直接鍋に入っていただきます。

キノコの保存

濃い味付けの物は2~3日は良いのですが、ほとんどを冷凍保存しています。

コウタケは乾燥させてからジッパー付きの保存袋に入れ冷蔵庫へ

チャナメやナラタケは茹でこぼし、一回分の鍋材料ごとにビニール袋に入れて

名前と日付を書いて、冷凍庫に入れています。

 

順序よく入れておかないと後が大変なんですよね。

 

皆さんは、どのような方法で保存していますか?

ここさえクリアしてしまえば、冬の鍋料理は楽みだけです。

 

キノコを頂きます(^.^)

キノコご飯、キノコだけ茶碗蒸し、キノコの味噌汁、キノコの素焼。

いくら保存が出来ると言っても、出来るだけ早めに旬のキノコは頂きたいもの。

 

贅沢と言えばかなり贅沢な食事です。

山でタダで拾ってきたキノコにこんなに心豊かにさせてもらって・・

さすがにキノコだけをしばらく食べていると

 

久しぶりに食べる肉、魚、生野菜がかなりの栄養価で

我々の体を喜ばせてくれるのがわかり

食事からのエネルギーを得る喜びが湧いてきます。

 

キノコも肉も魚も野菜も、乳製品も発酵食品も、ホドホドに偏ることなく食べるのが一番良いのでしょう(^.^)

 

🍄 🍄 🍄 まとめ

キノコ狩り日記で最後の難関は、キノコの処理です。

 

キノコ狩りはとっても楽しいのですが、体力を使いますので

帰宅後の処理はチョッと辛いです。

 

処理しながら

毒キノコが混ざっていないか確認し、

どうやって食べようか?

次に取り出す時に使いやすくするためには?

そんな事を考えながら処理をしています。

 

キノコに限らず旬のモノは旬の内に、美味しくいただきたいものです。

 

キノコで秋を感じ心豊かにさせてもらい

たっぷり堪能したら

他の食品がいかに栄養価が高いかを感じさせてもらい。

 

これからも元気で楽しく趣味が続けられるようにしたいものです。

自然からの恵は有難いことですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*