山のキノコの独り言!頑張る年金生活夫婦の共通の趣味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山のキノコの独り言!

と言いましても

山のキノコは、年金生活のジジババペアです。

 

縁あって一緒になり、キノコ狩りも30年以上になります。

いつまでたっても、一人前になれず( ^ω^)・・・

 

山のキノコとして自然の中で遊ばせてもらっています。

 

秋は山にキノコの仲間たちが待ってるので、楽しい交流をさせてもらいながら

アレコレ独り言が・・・

ドライブしながら

四季のはっきりした日本に生まれて、本当によかったぁ~

特に、春と秋は過ごしやすくお出かけが楽しいですね。

 

春にはハルシメジ、

秋にはハツタケ、ホンシメジ、クリタケ、ナラタケ、ムキタケ、マツタケ、コウタケ、・・・・・・・・・

秋のドライブは、山の衣装に目を奪われ・・

 

走る車の窓からアケビを発見!

早速アケビの紫が「私を取って、撮って!」て叫び声に従うのでした。

 

走る車の助手席に座ったら、動体視力を養いましょう!

きっと

何かの役に立つ日が来ます。(キノコ狩りでは視力は必須科目です。)

 

 

 

山に入ると・・・

冬に雪が積もるような山の中は、意外と背の高くなるような雑草がありません。(?)

雑草が密集するような場所ではキノコは発生しにくいです。

キノコ狩りは下ばかり見て歩いていてはいけません。

立ち枯れた木からは、食べごろのムキタケが

「今です。採ってください。」

と、話しかけてくれます。

 

ムキタケはのっぺりとして、丁度一口サイズがいいですね(*^-^*)

上から下へ採るよりも、横に引きちぎるようにすると採取しやすいです。

 

毒のツキヨタケは根元にシミがあるので、一応シミがない事を確認してカゴへ。

 

地面に転がっている枯枝からは、ハナビラニカワタケが・・

ツヤツヤだけど、ひ弱そうな

っと、失礼。

意外や意外、チュルンチュルンの歯ごたえが癖になるキノコ。

「私、ここで待っていました。」

と、目に飛び込んできます。

 

ハナビラニカワタケは、どうやって持って帰るのがベストなのでしょう?

 

他のキノコとは別にしておかないと、くっついてしまうし

新聞紙で包むとペタッとくっついて、水分が取られてしまいます。

 

どなたか良い方法があったらご連絡下さい。

 

夕食は、やっぱりキノコ鍋

一通り山のなかを歩いたら、美味しいお蕎麦屋さんで腹ごしらえをして

家路を急ぎます。

 

山の中を歩いて、お腹がいっぱいになると・・

次は、

お昼寝・・・(˘ω˘)

 

助手席に座った人にだけ与えられる至福の権利。

眠くなったら自らハンドルを放棄する勇気って必要ですよね。

帰宅したら出来るだけ早く下処理をして休みたいです。

 

上手く時間が合ったら、夕食は

やっぱりキノコ鍋です。

 

山のキノコと味噌か醤油があれば、後は何が入っていてもOK。

鍋をつつきながら、ビールを飲んで

キノコ狩りの反省会?  復習?  余韻に浸る?

🍄 🍄 🍄 まとめ

山のキノコの独り言!

 

ドライブして、山についたら

山の中を歩いて、夕食のおかずを拾ってくる。

 

美味しいお蕎麦を食べて、安全運転で帰ってきたらキノコ鍋。

 

楽しかったキノコ狩りを思い返して、次回の役に立つように対策を立てる時もあります。

 

年金生活者の楽しみではありますが、

楽しく山に行って、安全に無事我が家に帰ってくることが大事ですね(#^.^#)

 

キノコ狩りは、気力、体力、経済力、傾向と対策でいつまでも続けていきたい共通の趣味です。

 

自然が山のキノコ(ジジババペア)に教えてくれることがいっぱいあるので

キノコ狩りの楽しみが尽きることがありません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*