北前船の寄港地にて!山のキノコ(ジジババペア)の独り言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北前船の寄港地、福井の「北前船の里資料館

に魅かれて御屋敷見学させていただきました。

 

なんだか、羽振りの良さにあやかりたい感じしませんか?

下世話な話ですが、どんだけ儲けたの?

 

そもそも北前船だけが大儲けしたのでしょうか?

儲けて、何に使ったの?

北前船って何?

江戸時代から明治にかけて日本海を中心に、北海道から大阪を行き来した船の事で、

商売の形態のことを言うようです。

 

積み荷を買い取って、寄港地ごとに売買をしながら運んだそうで

「かなり儲けた」と資料館でも強調していました。(・∀・)

 

 

当時の航海技術と社会保障からは、かなり怖い仕事のようですが

船主さんは巨万の富を得たので大豪邸が建ったそうです。

 

商売に失敗すると大損だけでなく、

遭難して命の危険にさらされることもあって

割に合わないような感じですが・・・

 

北前船の社会貢献は?

大豪邸だけを見てしまうと、社会貢献しているのかな?

と疑問もありますが、

大きなお金があると言うことは、社会全体を動かす力があるとも言えますよね。

 

時代が変わって銀行の元になったそうです。

庶民は、銀行にどれだけお世話になっていることか?!

 

銀行を立ち上げる元出が存在してくれてよかったです。

 

山のキノコとしては、考えてしまうのですよね~

この世の中に存在しなくてもいいものがあるのか?

キノコが存在しない自然界って想像できますか?

 

キノコは地球に貢献?!

キノコって地味なんだけど

キノコが無かったら、胞子が飛ばない。

胞子が無かったら、菌糸が伸びない。

菌糸が無かったら、山の木や葉っぱは分解されません。

分解されないと、体積します。

体積すると、人間の住む場所がなくなりますよ。

 

こりゃ大変だ!

みんなで仲良く一緒に生活しましょうよ! 🍄と一緒に!

 

🍄 🍄 🍄 まとめ

北前船の寄港地、福井の「北前船の里資料館」で、お屋敷見学をさせてもらいました。

景気のいい感じは、いいですねぇ~(;^ω^)

 

厳しい仕事ではあったようですが、

船主さんの収入は、当時の他の職業とは桁違いだったそうです。

 

時代が変わって銀行が出来たことは、社会的に良かったことだと思います。

 

キノコも自然界にどれだけ貢献しているか、

考えただけで

キノコが愛おしくて、ありがたくて( ^ω^)・・・

 

キノコ狩りに又行きたいですねぇ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*