海の幸と山の幸と?山のキノコ(ジジババペア)の独り言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山のキノコは、山が育む山の幸!

では、

海の幸と言えば・・・?

 

新潟県「うみてらす名立」の道の駅!(^^)!

「どんぶり祭」の文字は、食いしん坊を誘います。

 

海も山も厳しい自然が美味しいモノを育むのですよね。

ズラリと並んだ丼( ^ω^)・・・どれにしようか悩んでしまいますね。

 


海の幸と言えば?

甘エビ、いくら、鮭、カニ、ウニ、マグロ、ブリ、・・・

様々な海の幸がたっぷり乗ったどんぶりが

どれも500円!

 

思わず、飛びつきますよ(#^^#)

 

山のキノコ(ジジババペア)のくせに、

いつもは、山のくせに

思いっきりお腹いっぱいに食べられる年齢でもないくせに

 

何とでもおっしゃってください。

 

甘エビなんか、一度に何匹口に入れたことか!!

 

ムキムキしてくれた方と、甘エビに感謝!!

贅沢なお食事を満喫いたしました。

そして

 

 

特に冬の日本海は予想通り荒れていました。

雪で交通の便が悪くなる前に

海の幸にお逢いできてよかったです。

 

この波の荒い日本海の厳しさが海の幸を育むのですね。

ところで

厳しさと美味しいモノは比例して育つのでしょうか?

 

海の幸と山の幸

海の中のモノでも

岩にじっとしている貝、大海を泳ぎまくる回遊魚、群れで生活する小魚、

暖かい南の海、凍るような北の海

 

自然の厳しさとは関係なく、美味しいものは美味しいですよね!(^^)!

結局、

食べる側の好みということでしょうか。

 

山の中のモノでも

見るからに美味しそうに実った木の実、田畑を荒らしてしまう動物、

探さなければ目に入らない地味なキノコ

こちらも結局は

食料として見ると、人間側の好みということでしょうかね。

 

自然が厳しいとか厳しくないとか・・・

まぁ~どちらにしろ

個人の好みが大きく美味しさを感じることですよね。

 

しかし

キノコ狩りは楽しいし、キノコを食べるのも至福の時だし、

やっぱり

醤油との相性なのかな?

 

食いしん坊にはたまらない活動って・・・毎日の生活すべてってことでしょうか?

海を見ても、山に行っても、「どんぶり祭」の文字をみても( ^ω^)・・・

 

美味しいモノありがとう!

って、ついでに

食いしん坊の生活の場に美味しいモノがあるんですよ。

 

もう一つの幸?

浜のキノコは、「里山の幸」とでも言えそうです。

山と海の間は、人間が住み着くのによい場所ですよね。

 

里山って山と人間の共有できる場所で、

人が生活するのに都合よく、地球をイジメない程度に

少しずつ変化してきた場所だと思うのです。

 

海辺の浜の防風林は、海からの波や風を防ぐために人間が人工的に作ったものですよね。

 

海辺の砂地、黒松林・・・

キノコ好きの方ならピーンときましたか?!

そう

ハツタケ、アミタケ、ハマシメジ、シモコシ等々ですよ!

 

🍄 🍄 🍄 まとめ

山のキノコ(ジジババペア)の独り言です。

海の幸、山の幸、食いしん坊にはたまりませんたまりません。

 

「脂が乗って美味しい」って一般的に言われますよね。

 

美味しさって個人の好みだから、

脂の乗った冷たい海の幸を求めて、わざわざ日本海に行くのも

食いしん坊のサガとして楽しい活動なのです(≧▽≦)

 

海も山も醬油も「どんぶり祭」の文字さえも

食いしん坊を刺激します。

 

山の幸、海の幸

仲間に入れて欲しい「浜の幸」

 

あ~いつか逢えるかな?!

シモコシ・・・

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*