チバニアンを見学!地球と人と山のキノコの独り言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チバニアン」を見学してきました。

 

千葉県民としては、????・・・

と?の数が少ない方がよいかと・・・

 

山のキノコの発生がさみしいこの頃、見聞を広めるために出かけましたが

はたして??の数はいかに?

 


チバニアンの場所は?

千葉県市原市田淵1898で地元の方々の理解と協力があって見学させてもらえています。

ありがとうございます。

 

JRでは、内房線五井駅から小湊鉄道月崎駅が

一番近くて徒歩40分だそうです。

勿論、

山のキノコ(ジジババペア)は軽の愛車で

県道81号沿いの田淵会館入り口を目指しました。

 

去年の国際標準模式層断面の第一候補地に選ばれた当時は

かなりの人が訪れたようで、シャトルバスが出ていたようですが、

2018年1月現在、のんびりと見学できましたよ(*^_^*)

 

地層で何が解かるの?

千葉の内房では明らかに

バームクーヘンのような線を見かけます。

 

左斜め上に向かって矢印が書けそうですよね。

 

一つ一つの線が何万年という時間を作っているのですね。

 

化石も見つかるかもしれないし、全く姿形のないキノコだって

その時代にあったかも?!

って、想像をめぐらすだけでもワクワクしますね。

 

それで、驚くなかれ

チバニアンでは「地磁気が逆転した」証拠がわかると・・・??

 

チバニアンの注目ポイント

線の一つに注目して、77万年前の御岳山の火山灰が実際に数センチ確認できます。

白尾凝灰岩層(はくびぎょうかいがんそう)って確かに少し白っぽい(・_・D フムフム

数センチの白尾凝灰岩層を境に

上の層の時代は現在の 北をN極 南をS極を指す地磁気の状態で

下の層の時代は77万年よりも前で、北をS極 南をN極を指す地磁気だったと・・・?

 

(厳密には不安定な時代の地層があるので、現場で確かめてくださいね)

 

なぜそれがわかったか?

何が決め手でS極N極がわかるのか?

そもそも地磁気って??

 

見学のポイントとしては、

白尾凝灰岩層の上下で違いがある事を科学的に証明された場所を

自分の肉眼で見た!ということでしょうか?!


🍄 🍄 🍄 まとめ

チバニアンの見学をしました。

結局?の数は減るどころか増えたかも?

 

御岳山の噴火って2014年にありましたよね。

あの火山灰が房総半島まで達したって?

しかも層を作るほどに・・・?

 

77万年前の御岳山の火山灰ってわかるだけでも?

なのに

地磁気のNとSの違いって?

 

生命体としての地球に何か影響があるのかな?

そもそも人類には関係のない事?

キノコは?

 

もしかして、地磁気の逆転が現在だったら

リニアモーターカーの建設に何か影響したのかな?

 

生きている地球を感じて、自然の中の一部に人間が住まわせて頂いているのですね。

火山の噴火も水の循環も植物の成長も自然の力のなせる技( ゚Д゚)

 

自然の循環の恵みの一つが🍄ですよね。

きのこ狩りを思う存分楽しませていただきますよ!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*