「藍より青く」は親を踏み台にして成長?!ヤグラタケって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藍より青く」という言葉聞いたことありますか?

 

藍染の染料である藍草で染めた布は、

藍草よりも鮮やかな青になる事を言うそうです。

 

弟子が師匠の学問や技術を超えるという意味だそうです。

 

これって・・・

ヤグラタケが形で示してくれています。

 

幼子に触れ合うことで気が付きましたので、山のキノコ(ジジババペア)の独り言?!

たわごと?! まあ~聞き流してください(*´∀`*)

 

 

チビッ子の成長

親戚の子供達は特に・・

毎日会えるわけではありませんので、たまに会うと( ゚Д゚)

 

ビックリするほどの速さで大きくなるのですねぇ~

ジジババにはチョッとと感じる時間も、彼らには成長の時が

毎日毎日過ぎて行っているのですね。

 

若ければ若いほどエネルギッシュにに満ち溢れ新鮮です!

 

親を越えて成長しておくれ!

子供達から頂けるものは、元気なエネルギーなので

会える時に、ジジババは伸びてしまうくらいに一緒に遊びたいですね。

 

ジジババもチョッと前は、パパママの親だったんだけど

子育ての責任がなくなったこの開放感は何だろう?

そうだ! 「子供達と遊べ。」と言うことだ!

 

子供達には「藍より青く」藍草よりも

「もっともっと真っ青で鮮やかに成長してほしい」って

誰しも思うものです。

平たく言うと

親に遠慮せずドンドン出世してくださいね。

(自分が納得する世の中への出方だよ(・∀・))

 

きのこ界の踏み台

ヤグラタケと言うキノコは、キノコの傘の上に可愛いキノコが発生しています。

つまり

御神輿のような、可愛いキノコのために土台のキノコがある感じ( ^ω^)・・・

 

子供達は親からいいモノを全部吸収してくださいね。

親の良くない所は、受け継がなくていいんだよ。

 

踏み台にしてください。

親孝行を意識せずに自分の納得いく人生を歩んでください。

 

誰のため?って、みんな自分自身のための人生だから( ^ω^)・・・

 

🍄 🍄 🍄 まとめ

「藍より青く」って言葉

幼子がより一層青く光り輝く可能性を秘めた元気エネルギーに見えます。

 

幼子からエネルギーがあふれ出ているので、

ジジババはこぼれたエネルギーを拾い集めて、ヒーヒーハーハー😱

 

エネルギーの多さは成長の速さに出ていてビックリ(@_@;)

 

親を踏み台にしちゃってください。

師匠を超えるほどの志で、物事に取り組んでください。

但し

櫓(やぐら)の上に座っていいのは、可愛い小さいキノコだけです。

 

櫓を離れる時は、自分が櫓に成る番かもしれませんし

櫓の栄養を吸収しつくして消滅しているかもしれません。

 

間違っても小さいキノコが櫓を担ぐ必要はありません。

依存は危険ですし、他にやるべきことがあるはずです。

 

ヤグラタケはオンブタケかな?

ヤグラタケの写真がなくて申し訳ありません。

 

藍染の藍色を意識したアイタケの情報は、

「きのこの種類を写真で紹介!極秘報告書キノコ狩りの記録」からどうぞ

https://tibasodekinoko.com/archives/1474

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*