ツガタケの正体を暴く!地球防衛軍は静かに密やかに任務遂行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ツガタケ(栂茸)の本名はニセマンジュウタケ

 

写真右のオオツガタケの柄が

真っ白で真っすぐなのに対して

 

写真左のツガタケは柄がしもぶくれで

真っ白とは言えず、筋っぽい・・

つまり

オオツガタケよりランク下と見なされる。

 

彼らが秘密結社であることを誰も知らない・・(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

ツガタケの本名

ニセマンジュウタケ(偽饅頭茸)って

栂の木ばかりの山の中でツガタケの傘を見つけて

オオツガタケとだまされる?

どころでなく

お饅頭とだまされ、思わず口へ・・・

と、

ここまでバカにされてしまったキノ子バァバ。

 

そう来たからには正体を暴いてやる。

 

何かに見える?!

本当の正体が知られていないだけなのですよ・・

 

ムクムクと

お饅頭?

じゃあなくて・・・

 

兵士!

そう、

キッチリ並んで歩く兵士部隊の一部・・・

 

マッチョな男たちが次々と・・

彼らはミクロの世界の地球防衛軍

 

静かな闘い!任務遂行!

地球上の生き物、植物や動物そして菌類は今日も争っています。

何を?

自分の領土拡大でしょうか?

 

人間界は、それはもう酷く醜いものです( ;∀;)

地球の面積も体積も限りがあるのにも関わらず、無駄な抵抗をしています。

しかし

かれらキノコという仮の姿の兵士たちの働きは

地球上の植物や動物(人間を含む)をも守り通す任務を任されているのだ!

 

彼らは決して武器を使わない。

彼らは決して仲間を裏切らない。

 

彼らに駆け引きなどないので

彼らは決して汚い手段を使わない。

 

大木を分解して仲間を増やし、必要とされない時は眠りに入る。

ミクロの世界の話だと侮ってはいけない。

その数はマクロの世界、星の数、人間など比ではない。

 

もし仮に人類が滅びた後に

太陽の光と水と気温と土があれば

彼らは人類という地上の友がいなくなったことなど

悲しんではくれない。

それどころか

何も思わず 相変わらずせっせと自分の任務遂行を果たすのみ・・・

 

🍄 🍄 🍄 まとめ

実は「ツガタケ」の正体は

オオツガタケをうらやむニセマンジュウタケなどと言うのは

真っ赤なウソ!

 

彼ら地球防衛軍は静かにひそやかに今日も任務遂行する優秀な兵士。

実はシイタケも、ヒラタケも、マツタケも、エノキタケも、タマゴタケも、・・・

全てのキノコは

様々な形をとることで人類を惑わしている。

 

ボケーっと一日を過ごしてしまったキノ小僧とキノ子バァバのすぐそばで

モノ言わぬ彼らは、誰に褒められるわけでもなく

誰に誇る訳でもなく、自分に与えられた仕事をただただ

淡々と黙々と任務遂行あるのみ!

 

悪は滅びて正義が勝つ!

彼らのおかげで地球の平和は守られるのだ!

 

ん?

地球を破壊しているのは人間?

 

いや~待て待て、話し合おうじゃあないか!

っと、

話の通じる相手ではなかった(≧∇≦)

 

そう、友好同盟を組もう!

お互いのためだ。

 

秋になったらきのこ狩りをすることで、彼らの胞子を飛ばすお手伝いをしようじゃあないか!

 

キノコを手に取って家に持ち帰り、食卓に上るまでの間に

どれほどの数の胞子が舞って移動すると思う?

 

山のキノコ(ジジババペア)は、きのこ狩りを今後もつづけることを

ここに誓います。

 

「きのこの種類を写真で紹介!極秘報告書キノコ狩りの記録」も読んでみてくださいね。

https://tibasodekinoko.com/archives/1474

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*