利尻岳登山レポート!珍道中リベンジ編2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほぼ一年後再び利尻岳を目指しました!

気力、体力、経済力、何が一番大変だったのでしょうか?

わかりません。

あの不完全燃焼の何とも言えない思いが

今回は、

なんと!

なんと!なんと! でした。


頂上からの景色

ずっと、ずっと、思っていた景色が今自分のまえに

この海の向こうは、ロシア

去年は全く見えなかった礼文島がくっきりと

雲を下に・・・

なんと、人間は小さい存在でしょう。

ふわふわとした綿菓子のような雲。

水分を沢山含んだ雲に覆われると、全く身動きが取れなくなってしまい

急激に恐怖に包まれてしまう・・・

去年とは大違い(゚д゚)!

地球上の天候の変化はほんのちょっとの差かもしれないのに

そこに関わっている人間にとってはなんと大きな出来事でしょう。

完全無敵の達成感!

しばし時間を忘れるような山頂のひと時、

同じ空間を共有した見ず知らずの人が、なぜかお友達のようです。

1年間の利尻岳山頂に対する気力、体力、経済力の張り詰めた気持ちが

ハンパない達成感でどこかに行ってしまいます。

なんだろう?

きのこ狩りとは違う喜び、

きっと頂上を共にしている人のほとんどが

登山大好き病にかかっているに違いない。

頑張ったご褒美

目標達成後のお楽しみは、温泉と観光。

翌日船で礼文島に渡りました。

映画「北のカナリア」のロケ地からの利尻島は、

やっぱり感動ものです!

旅行期間のほとんどが雲の中だったのですが、

この時だけはくっきり見ることができ大満足。

近くに墓地があり、利尻島に向かって建っているのが「チョッといいな~」なんて思ったりして・・

ロケ用の小学校の建物がそのままで、等身大の吉永小百合さんが出迎えてくれましたよ。

映画の中とはいえ

こんなステキなところで小学校時代を過ごせたらいいですね。

冬は非常に厳しいのでしょうが・・・

🍄 🍄 🍄 まとめ

山のキノコ(ジジババペア)は、ほぼ根性という言葉とは無縁でしたが

今回は執念でしょうか?

どうした事でしょう?!

本当に利尻岳の頂上に立つことが出来て、ハンパない達成感がありました!

この達成感をもって今後のきのこ狩りに精を出したいと思います。

自然からのパワーは凄いです。

最後に帰りの飛行機からの利尻岳山頂です。

この写真は、

人間の知恵と、自然の条件と、

数えきれない全ての事柄がそろわないと

撮れない写真です。

名残惜しい気持ちと、前回の登頂できなかった残念な気持と

今回のハンパない達成感と、数えきれない全ての気持が

複雑に交差します。

キノコの発生も、多くの事柄が複雑に交差した先に

キノコハンターに出逢うことになり・・・

ということを考えると、きのこ狩りが何とも愛おしくなってしまうのです。

今回の事で今現在楽しんでいるきのこ狩りの趣味をさらに

極めたい気持ちになってしまうのです。

「利尻岳登山!山のキノコ(ジジババペア)の珍道中1」もご覧くださいね。

https://tibasodekinoko.com/archives/150

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*