馬と鹿の魅力!山のキノコ(ジジババペア)の独り言  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士山の山の中を歩くと・・・

たまにステキな出会いがあります。

鹿さんです。

カモシカに出逢った時は、真っ黒なので少々ビビりました。💓

熊だったら大変!

鹿と馬にまつわるお話、山のキノコ(ジジババペア)の独り言。

はじまり、はじまり・・・


鹿と馬の魅力的な瞳

人間とは違って何をも疑わない澄んだ目をしています。

そう(#^.^#)

純粋な目ってヤツです。

 

山の中で鹿に会っても人間を襲うことはありません。

むしろ

ジーっと見つめられてしまいます。

恥ずかしいくらいにジーっと・・・

見飽きるまで見たら、「私には関係ないわ!」と(言うかどうかは分かりませんが)

プイっと、向いて、

びょんぴょんぴょん・・・白いお尻を上げて、サヨウナラ!

でも、見てますよ~ 人間の奥底まで・・・

鹿と馬のことわざ

秋の鹿は笛に寄る・・・恋のために身を滅ぼすたとえだそうです。

笛におびき寄せられ、簡単に人間にとらえられることからだそうです。

ずる賢い人間>疑いを持たない鹿

と言うことでしょうか。

馬の耳に念仏・・・・・念仏を唱えても無駄な事を意味しています。

しかし実際には

馬は耳をよく動かし気配を感じているそうですよ!

人間よりもよっぼと奥ゆかしく、他者に心配りをしているのかもしれません。

そういえば「バカって言った人がバカなんだよ!」って誰か言いませんでしたか?

その通りですね(*^_^*)

だけど

馬と鹿の、純粋な何をも疑わない瞳に憧れを持っている山のキノコ(ジジババペア)は、

馬鹿(うま、しか)さんって誉め言葉に聞こえます(´∀`*)ウフフ

山に好かれるには?

山の中での生活を可能にしているのは、純粋に生きる力があるからでは?

つまり

山に好かれているので山の中で生きていける。

山に好かれることは、山のキノコ(ジジババペア)の憧れるところではあります。

里山のように人間と自然が共存できる環境に身を置きたいな。っと

理想ですね~

純粋に朝起きて、昼活動をして、食事をして、布団に入る。

昼の活動は、キノコ採りがいいですね。

食事は、美味しいキノコがいいですね。

あくまでも基本的な理想で、もちろん衣食住の充実があればあったほうがいいかと・・・・

と、

お馬さんや鹿さんとは程遠い、欲望まみれの下世話な人間でございます🙇

🍄 🍄 🍄 まとめ

馬と鹿の魅力は純粋な目にあると思います。

ジッとあの濁りのない瞳に見つめられてしまうと、恥ずかしいですね。

心の奥底まで見られてしまうような・・・まずいです。

ずる賢く他者に心配りのたりない下世話な人間そのもの

バレバレです。

山に受け入れてもらえるようにならなくては、立派なキノコハンターへの道のりは

激しく厳しいものに違いない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*