里山へのあこがれ!シモコシよ!再び逢いたいものじゃのぉ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山のキノコ(ジジババペア)は、里山の夢を描いています。

すでに

永遠の眠りの中かも(@_@;)しれません?!

 

きのこ図鑑を見ながらでも爆睡できる得意技を持っています。

大自然はいいですね。

富士山は均整の取れた美しいナイスバディー! 日本の宝です。


里山で仲良くきのこ狩り

 

富士山は沢山のキノコを育む憧れの山で、

その大きな懐で楽しませて頂いております。

 

山のキノコ(ジジババペア)は、いつまで富士山に受け入れてもらえるのでしよう?

将来必ず来るであろう、足腰の弱った自分。

 

きのこ狩りをして得るものは、

季節感、緊張感、体力、喜び、食の楽しみ、ワクワク感、知識欲、等々

あげたらキリがありません。

 

こんなに得るものが多いのに、体力が伴わなくなったらきのこ狩りをやめるの?

ウソでしょう!工エエェェ(´д`)ェェエエ工

 

対策を練らねば・・・

そうだ!

標高をクリアすればだいぶ楽になる!

仲よくきのこ狩り・・したい

 

近場で標高がなくて、きのこ狩りができないかな?

って、

あるじゃん!

 

里山(防風林)でのきのこ狩り。

 

里山でのきのこ狩りは危険が少ない?

登山をされる方は、まず安全に行動をして無事に帰ってくることですよね。

 

服装や装備、ゆとりのある行程スケジュール、現地情報の中で

一番大切なのは、天候が良くない時の英断です。

 

山は逃げないから、決して無理をしないで楽しい登山を何回でもしてください!(^^)!

 

きのこ狩りの場合も、まずは安全に行動して無事に帰ってくることです。

 

標高がほとんどない里山であれば、時間的な余裕や熊の危険性も緩和されます。

キノコは逃げないけど時期を外すと逢えないのです。

 

山のキノコ(ジジババペア)の寿命を考えると10シーズン富士山に行けるのかな?

 

里山はある程度管理された山なので安心して歩けます。

林道がしっかりと整備されて迷子になる心配もないし、短時間でのきのこ観察も可能です。

 

千葉は防風林が里山?

千葉県の外房出身の叔母の話によると「シヨウロがコロッと・・・」と歌いながら

マキ集めをしたそうです。

 

子供の頃の家のお手伝いで、多分お風呂のマキを近くの防風林の松林で

焚き木拾いのついでにシヨウロが採れた( ^ω^)・・・

 

なんと素晴らしい!一石二鳥でしょう!

 

海岸の松林は、

防風林として、

津波対策として、

生活のための里山として、周辺の住民と一緒に存在していたのですね。

 

黒松林のキノコといえば・・

シモコシです。

 

博物館の先生の話によると、浜のキノコ御三家は

ハツタケ、アミタケ、ショウロだそうです。

 

😢それもそのはず、シモコシが毒扱いされている図鑑もあるから仕方ないのかなぁ?!

 

30年前に確かに内房の防風林でシモコシを採取して

美味しくいただいたのです。

🍄 🍄 🍄 まとめ

山のキノコ(ジジババペア)は、まだ生きています。

生きているうちに対策をしなければ・・・

 

近場の里山で足が動く限りきのこ狩りをするのが夢です。

 

標高が無い里山、熊がいない里山、

千葉県では、防風林です。

 

風をよけ、津波対策として、昔は生活の一部でした。

近場の松林で憧れのシモコシが採れたらいいなぁ(*´▽`*)

 

同じような夢を見ている方は、御連絡下さい。

 

「きのこの種類を写真で紹介!極秘報告書キノコ狩りの記録」も読んでみてくださいね。

https://tibasodekinoko.com/archives/1474

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*