カニを求めて日本海、山のキノコ(ジジババペア)なのに?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キノコ狩りのオフシーズンはチョッと寂しいけど、

いつも楽しい事を計画してお得気分を獲得しょう!

 

11月の半ばからお出かけしたい病が発症してくるのがわかっていますので

どこに、何を目的に、優先順位を付けて行動するかを明確にしておく必要がありますね。

 

雪が本格的になる前に、ドライブに行くべき場所を優先的に決めて

美味しいものを求めて温泉もあったらいいな(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

 

気力、体力、経済力のバランスを保ちながらのドライブにとっての必需品は「道の駅

日本海側の道の駅は食いしん坊さんにおススメですよ!


侮るなかれ、道の駅

我々山のキノコと名乗っておりますが、実は海の幸も大好きな食いしん坊です。

 

マリンリゾート能生」ではズラッと漁師さんのお店が並んでおり、

朝揚がったカニを釜茹でし販売しています。

 

お客さんはその場で食べたい分のカニは、

トレーに乗せて野外テーブルに持っていき食べることができます。

 

お持ち帰り用のカニを選ぶ時は、次から次へと試食を出してくれるので

足元にある青い容器にカニの殻がいっぱいになっていました。

 

お持ち帰り用と後日宅急便で届けてもらう分のカニを購入、

その場で食することなく試食で満足させて頂き、自宅でゆっくりと味わうこととしました。

 

他にも日本海ならではのゲンゲやホタルイカ、魚のアラ(超お買い得)を購入して

ついでに料理の仕方も教えて頂き、お得が倍増です!

 

日本海の海の幸

他にも小さい魚は、1箱単位で店頭に並んでいますので

大家族や下処理上手の方がいるお宅は、聞き捨てならない情報ですね。

魚のアラは食べられる分に分けて冷凍しておきます。

アラなんか取って置いてどうするの?

 

我が家には冷凍のみの、冷凍庫が冬支度をするのですが

その一つがお魚の類、ほとんどがキノコの種類別保存に使っています。

冬になると鍋料理は欠かせませんね、鍋にはキノコでしょ!

後は白菜、ネギ、お豆腐、糸コン、お肉や魚があれば完璧です。

冬場の日本海の海の幸は本当に有難いものです。

うみてらす名立」では、「どんぶりドンドン祭り」に遭遇!

カニ丼、いくら丼、サケ丼、かつ丼・・・・全てワンコイン

お土産用と昼食用と買い求め、早めに家路へ。

 

鮭はそのままお持ち帰りだと1尾500円ですよ!

 

 

ドライブの楽しみ

日本海側の道の駅を目指して買い物を楽しみ目的は達成したので早々に帰宅します。

 

食料品を購入する時は、クーラーバックと保冷剤を用意しますがカニの専門店では

発泡スチロール容器に氷を入れてくれますので安心です。

 

途中のパーキングでの昼食タイムは、妙高山の雪化粧を眺めながら

のんびりゆったりと過ごすことができました。

 

夕方の渋滞タイム前に都心を抜けることを目標に、キノ小僧は栄養補給。

車内のキノ子バァバは、次のお出かけ希望地や山の様子を目にしながら頭に浮かぶことをペラペラと・・

オッと忘れてはいけない、

キノ小僧さん運転ありがとう!

キノ子バァバさん天然ありがとう!

漁師のオジサンありがとう!

お魚さん達ありがとう!

 

 

今度のキノコシーズンには、山やキノコ達にありがとう! 言えるといいな(*^▽^*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*