草刈り機の使い方にはコツ有り!初心者体験物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

農園をお借りして

やっぱり大変なのは草刈り作業。

 

一本一本手で抜いたり

鎌で刈るレベルの場所でないことに気が付きました。

 

新品の草刈り機を購入していざ! 草刈の初体験。

 

自分の用途に合ったものは?

使う時の注意点は?

気になりますよね。

 

実際に初体験した経験談ですので、参考にしてくださいね。

小っちゃいモノ達への思いも忘れていませんよ(*^▽^*)

お試し草刈体験、コツは?!

農園を貸してくれた方に、ついでに草刈り機もお借りしました。

実際に一緒に見てもらい おっかなびっくり、いざトライ!

 

エンジンを始動させるのに力がいるのかと思いきや・・・

必要なのは瞬発力のようですね。

 

ベルトの位置と自分の姿勢の一番フィットする場所を見付けることが大事なのかな?

刈る姿勢が悪いと 変なところに力が入ってしまったり

不自然な動きになってしまうようです。

 

身長と腕の伸ばし具合と・・・

 

時間と共に動きに慣れてくるのが自分でもわかってきます。

 

これならやれるかも?!

ある程度の場所の草刈りが必要なので・・と言うことで、

購入決定!

 

御指導いただいたコツは、

ナイロン紐の草刈り機は左から右に刈り上げる。

ステンレスの刃は、右から左へと刈り上げる。

安全確保のため後ろに下がりながら刈っていく。

と、言葉では簡単です。

 

後は実践あるのみ!

 

購入先は地元の農機具屋さん

購入先をおススメいただいたのは、地元の農機具屋さんです。

素直に従うと・・・

 

今後のメンテナンス、始動の仕方、刃の取り換えも教えて頂き、

混合燃料も作ってもらい、

至れり尽くせりして頂きました。

 

どうせ一回では覚えません。

忘れるから持って行けばいつでも何度でも教えてもらえます。

 

注意事項は、見た目の通り

騒音と刃又はナイロン紐という凶器を自分が振り回している事を充分認識すること。

その場で裏の空き地の草を刈るのを見てもらいました。

 

周りに人がいないことが最大の注意点、コンクリートや石にあたらないように気を付けるのですが・・・

これも

言葉では簡単ですが、実践あるのみの慣れのようです。

 

充分注意の初心は忘れないようにしないと・・・

 

草刈周辺

思春期の不安定な自分・・・私に近づくと怪我するよ!痛い目に会うよ! ほっといてちょうだい!

状態ですので、

草刈りをしている人を見かけたら近づかずに遠くから

「ご苦労様」ぐらいに思って、チョッとだけ「うるさい」でしょうか?!

 

草を刈ると言うことは、刈った草はいずれ分解されて土となる予定。

 

と言うことは( ^ω^)・・・

 

小っちゃいモノ達の出番です。

人間が働くよりももっともっと働いてくれますよ(*^▽^*)

しかも全体の土が元気になるはず・・・

 

小っちゃい虫は大急ぎで脱出していきます。

 

ボーボーの草が1時間ほどの作業でサッパリすると

何故か気持ちいい!

 

刈ったあとの丸坊主になった場所に鳥がエサはないかと探しに来ます。

 

畑には程遠いですが、

ヒマワリの整列を見ることが出来ました。

 

小っちゃいモノ達と仲良く

そして

私の都合で咲いて欲しいヒマワリに元気になってもらいます。

🍄 🍄 🍄 まとめ

毎年草木が元気に活動する季節に

あちらこちらでブーンブーンとけたたましい音を聞いている側でした。

 

今年は農地をお借りして家庭菜園に挑戦していますので、

思い切ってお試し草刈体験をさせていただきまして・・・

 

一度試させて頂いたので、草刈り機を購入する事に抵抗はありませんでした。

 

使いこなせるまでは時間がかかるかもしれませんが

きっと畑の土にも作物にもお花にも 草は刈っておいた方がいいですよね。

 

今後の作業過程で地元の農機具屋さんからは、

色々な情報を頂けると思いますので頼れる存在です。

 

草刈をサボると、人間の背丈よりも大きくなる草に

大切な畑の作物がおおわれ、土地の栄養分のほとんどが

草にとられるのでしょう。

 

夏場は、草刈りの追いかけっこです。

 

作物やお花に栄養分を充分にいきわたらせるための草刈り作業は、

小っちゃいモノ達の仕事も活性化しますね。

 

畑でも山の中でも、小っちゃいモノ達が働きやすくしてあげると

その恩恵は結局人間に回ってきます。

 

何が言いたいか?!・・・

 

山の中の環境が良いと、キノコが元気に発生してくれます!

キノコが好む発生条件は、結局人間にも良い環境だと思います。

 

ホドホドの雨量、風通し、木陰、気温、湿度、等々

 

今年も秋が待ち遠しいですね🍄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*