自然災害が日本にもたらす被害と小っちゃいモノ達の動き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然災害は日本に生まれ育った以上避けて通れません。

先人の知恵も十分にお借りしながら対策は立てているものの
2018年の今年、台風と地震の被害の大きさを改めて痛感しました。

被害に遭われた方々の気持が早く癒えますように・・・
早く通常生活に戻れますように、心よりお祈り申し上げます。

感情を持つ人間と感情を持たない小っちゃななモノ達の動きを考えてみました。


台風の被害、地震の被害

今回の台風21号はかなりの強風での被害が目立ちました。

一旦吹き荒れた風の威力は、多くのモノを凶器に変えて暴れまくります。
タンカーを動かし橋を破壊してしまう・・・

街中では看板を壊し、自転車を舞い上げ、屋根をはぎ取ってしまう。
「不要、不急な外出は避ける」と勧告されている通りです。

「様子を見に行く」ことでどうにもなりませんから、安全な場所にとどまっていましょう。

「様子を見に行」って、怪我をして救助を要請した場合。
一人の被害者で済んだはずの事が、二人の被害者になってしまうことだってあります。

広くて便利な埋め立て地の関西空港では、人間の知恵を上回る「想定外」の被害になってしまいました。

情報を早めにキャッチして・・と便利な世の中のはずが大変な被害に遭われてしまいましたね。
心身共に健康が取り戻せますよう、心よりお祈り申し上げます。

北海道の地震では本土では考えられないような規模の大きな被害になってしまいました。
巨大地震の揺れの恐怖が真夜中に襲い掛かり、変わり果ててしまう大地。

先人が作り上げた街並みを一変させてしまう都市部。
広大な大地ゆえの土砂崩れの規模は、直後よりも時間がたった後のほうが被害の重大さを感じます。

通常の生活が取り戻せますように、心よりお祈り申し上げます。

災害時、感情を持つ人間の動き

身の安全は基本的に自己責任で出来るだけの事を心掛けたいものです。
迷惑が予想されることは避けたいし、余力があるのならできる事をしたいです。

山のキノコ(ジジババペア)も現場を経験したら パニックになってしまいますが、
自分ができる事は何か心がけたいと思います。

とっても小さなことですが、気づいたことは・・・
「何かの時に役に立つかもしれない」モノを日頃から整理整頓して
使えるモノは使う、使えないモノは工夫するか捨てるか役に立つ場所に移動する。

まぁ~世間的に言うと断捨離をしょうと思いました。

山のキノコ(ジジババペア)は、福岡の尾畠さんの爪のあかが頂きたいと思いました。

山口県周防大島(すおうおおしま)町で行方不明だった2歳児を発見した大分県日出町の尾畠春夫さん(78)

日頃山にきのこ狩りに行っているのだから、何かしら役に立つことに繋がるといいですよね。
人のお役に立つにはなかなか難しい事ですが、きのこ達は胞子を飛ばすお手伝いさんが来てくれることを
喜んでくれていると思います。

尾畠さんとは大きく違いますが・・・これが現状です。

感情を持たないちっちゃいモノ達の動き

感情を持たない小っちゃいモノ達、キノコ菌など微生物や草花や石ころ等々( ^ω^)・・・

せっせと形作っては台風や地震で形を失う・・又、再生する。
時間はかかりますが、淡々とこなしていますよね。

地形が変わったことで活躍の場を得る事もあるし、場所の移動を余儀なくされることもあります。

菌糸ときのこは上下関係?石の下にも3年?!ド根性きのこ

では、物言わぬモノ達の仕事ぶりを見ることが出来ました。

感情がない分そばにいる仲間たちと協力以外せず、無駄口叩かず淡々と仕事を無こなしていきます。
だから
土砂崩れのような大きな被害の中でも、小さな草の種は条件がそろった所で
芽を出し根を張りだし・・・

やがて丈夫な草丈に育ち・・・土の中の微生物たちに影響を与え
樹木の芽も出しやすい環境を整えていきます。

🍄 🍄 🍄 環境と共に

自然災害が日本にもたらす被害、特に台風と地震は避けて通れません。

我々人間は、情報さえもさえぎられてしまう「想定外」はいつでも
経験するかもしれません。(想定外ですが・・・)

感情を持った素晴らしい人間の尾畠さん。本当にステキな方がいらっしゃるのですね~!

感情を持たない小っちゃいモノ達は、己の仕事を淡々とこなしています。

山のキノコ(ジジババペア)も感情はあるのですが・・・できる事をします。
(断捨離ときのこの胞子を広げるお手伝い。)

被害に遭われた方々の気持が癒えますように、元の落ち着いた生活に早く戻れますように
心よりお祈り申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*