きのこ狩り日記2018年富士山の第三弾!夢にまで見た光景!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きのこ狩り日記2018年富士山の第三弾をお届け致します。

富士山のマイカー規制の解除を待って 9月11日の朝からきのこ狩りに行こう!
という事になりまして

登山客や観光客がグッと減ると我々キノコハンターの季節がやってまいります。

 

1年ぶりとなる富士山5合目付近のきのこ狩り🍄

山の様子はひと冬自然の厳しさに耐え、夏の登山客や観光客を見送り
確実に時の経過を過ごしていました。

キノコハンター仲間の様子、お天気、そして何より収穫の種類と量。
気になりますよね~

あ~、あの光景を思い出しながら日記を書いてまいります(#^.^#)

夢の光景

とうとう夢のような光景に出逢ってしまいました(#^.^#)

10m程手前からも・・・きのこ達が「ここ! ここだよ~」と

え~ウソでしょ! ウソだと思っておくと違った時のガッカリが和らぐから・・・
と、自分に言い聞かせているくせに 気持ちは裏腹でワクワクしながら近づいてみる。

目に飛び込んできたのは、間違いなくホンシメジ!
確認すると同時に、そこら中にチェックを入れる強欲さ・・・もっとあるんじゃあないか?!

あります。あります。 ポツポツ・・・ポツポツ・・・と

小っちゃいモノ達が、押し合いへし合い。

ここで元気にみんなで大きくなったよ。見付けてくれてありがとう!
と、申しております。

今、ここで収穫しなかったらどうするの?!

最初の「5合目付近の山の様子」の写真で異変を感じた方は
迷わずキノコハンターへの道にお越しください。

お待ちしております。
共に自然の中の小っちゃいモノ達の働きぶりを観察しながら その恩恵を頂いてみませんか!

富士山5合目までの道のり

マイカー規制の解除を待ちに待っているキノコハンター達は、我々山のキノコ(ジジババペア)だけではありません。

天気予報では20%の降水確率でしたが山は低い雲で覆われ、
こんな天気の中でも、キノコハンターの車を何台も見かけながら 5合目の無料駐車場に向かいます。

途中の道路からは、1年前とは少しずつ地形を変えている部分を見かけます。
大雨の影響で流れた土砂、風雨に耐え切れずに折れた大木・・等々

車道は整えられスムーズに5合目まで進むことができるのも、「さすが世界遺産の富士山」環境整備が行き届いています。
本当にありがたい事です。<(_ _)>

8割ほど埋まっている駐車場、ほぼきのこ狩りハンターだと思われます。

我々山のキノコ(ジジババペア)と同時刻にも、3組ほどのキノコハンターがきのこを求め山の中へと消えて行くのでした。

皆さん口には出しませんが「どこに、何のきのこを目標に、どれだけの量を収穫す予定?」でしょうか?
皆さん少々の雨などものともせず、きのこ狩り魂に火がついて燃え上がっている様子。

チェックポイント

一応過去の実績を重視して、3カ所のチェックポイントをパトロールします。

1カ所目:人生初のマツタケを発見場所へ今年もたどり着くことが出来ましたが・・・シーン😞
大きな山の一か所ピンポイントでたどり着けたことを自分で誉めましょう。

という事で

2カ所目:質の良いシモフリシメジの場所ですが、シモフリにはまだ早い・・・
と、「この辺、この辺」🍄目で当たりをよく見る。

ホンシメジを2株発見!  と、同時に「この場所より左側も・・・」

すると・・・
上記の夢の光景が待っていたのでした😃

本来ならば普通、収穫後は無事下山ですが・・・

3カ所目:いつものホンシメジの場所がこれからなのです。

こぼれるほどの収穫を背負って、急斜度の道を登っていきます。
満足な気持と「もっと収穫出来ちゃうかも?!」と「ここでこれだけなのだから・・どうなっているの?」
と、やっぱり強欲です。

「ここで下山しよう」などと全く思いもせず、3カ所目のパトロール。
で・・・やっとの思いでたどり着きました。

いつもの場所にいつも通り、9月上旬の順調な発生具合、量もまずまず、普通でした。
ウン! 今年も順調でありがとう!

冷静になって見ると、2カ所目が異常なほどに発生していたのだと思います。
しかし、
ここでも思わぬプレゼントが・・・

キノ子バァバの大好きなヤマドリタケが、丁度目線の高さにあるではありませんか!
夏のきのこなので、「もう今年もお逢いできなかったなぁ~」と諦めていました。

まるで

「ホンシメジじゃなくて私で良かったら、どうぞ」と言っているようです。

「いえいえ、とんでもございません。アナタにお逢いできるなんて・・夢のよう(*^▽^*)」

本当に傘の色合い、形、大きさ、申し分ないパーフェクトな逸品に惚れ惚れしてしまいます。

この日の収穫種類は、ホンシメジ、オオツガタケ、ツガタケ、ヤマドリタケ、ショウゲンジ、

アブラシメジ、ナラタケ、カワムラフウセンタケ、クロラッパタケ、アンズタケ、でした。

きのこの詳細については、 きのこの種類を写真で紹介!極秘報告書きのこ狩りの記録

をご覧くださいね。

最初から最後までレインウェアを脱ぐことがなく、昼食は立ち食いの行動食状態でしたが

とっても楽しい充実した一日となりました。

🍄 🍄 🍄 きのこ狩りと自然環境

下山道での心境について・・・収穫のある時は雨の中でも天国です。

何度となく誰もいない静かな下山道を 重い足取りで下りてきましたが、今日は違います。
3つのチェックポイントでゴミは見かけましたが、ゴミを拾う暇もないほどの収穫でした。

ゴミがあるという事は、誰かがきのこ狩りに来ている確率が高いという事(先客ありと考える)
ゴミは我々のモノではありませんよ、さすがにそこまでボケていません。

何回かは、籠にゴミだけを入れて下りてきていますね。😞
でも、今日は違う! 籠はきのこのみ!

今回のキノコ狩りは、神様からプレゼントを形として受け取らせていただきました。

やっぱり嬉しいし、下山の足取りが軽いです。

いつもの坊主(無収穫)のきのこ狩りでは学びを頂きます。
と言うより、
自然界の声を聞くのでしょうか?!

「雨も木も葉もグルグル回っているんだよ~ 邪魔になるゴミは捨てていかないでね。」

「山も風も雨も皆仲よくやっていこうよ!」

って、言っているのかな。

登山客や観光客がグッと減るのを待って、本格的な冬になるまでの期間は

環境整備のためのトラックに何台も行き会います。(ご苦労様です。よろしくお願い致します。)

御邪魔なにらないよう、マナーを守ってこれからもきのこ狩りを楽しみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*