松茸の爆発に遭遇!富士山でのきのこ狩りレポート第6弾!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士山で松茸が爆発していました!
キノコハンター言葉できのこの大発生の様子を爆発と言いますのでご了承ください。

これはきのこにとってベストの自然条件が整った証拠なのでとても良い事なのです。
確実季節がまわっているのですねぇ~

日時:                     9月21日 9時~
山の天気:   早朝のみ快晴、その後雲の中
収穫量:    いっぱい(*^▽^*)
収獲種類: マツタケ、ナラタケ、アブラシメジ、ハナイグチ、ホンシメジ、ショウゲンジ
見かけたきのこ:数えきれないほど沢山

キノコハンター仲間の様子:途中の道に10数台、駐車場を半分埋めるほどの車・・たぶん・間違いなく・キノコハンター・・

今年の夏のきのこの状況から非常に心配していました発生具合・・皆様ご心配をおかけしました。
今年度も確実に秋がやってまいりました。

松茸を食す🍄山のキノコ流🍄山から食卓までをお届けいたします。

松茸発見!

今年は本当に心配していました・・この夏の猛暑には夏のきのこ達がビビッて出てこないのだから。

気温が下がったとたんにチチタケやタマゴタケなど
夏のきのこ達が「今出ないとマズい!」と慌てて発生してくれました。

いよいよ涼しくなって「もう~30度超えはないかな」と思ったとたんに
各地から「○○が採れた」「△△が爆発」などど聞こえ・・・我々には
前回の松茸1本で満足するようになっているのかな?
と。

今回も体力を整え時間も余裕をもって、いつもの場所にたどり着けることを祈りながら向かいました。
途中キノ小僧さんは高度計を落としてしまい、気持ちも落ちてしまいました。
が、しかし・・・・

待っていてくれたのです! しかも大物が! 2本も!
正しく爆発です! 左奥の松茸は傘のてっぺんから裂けていました。

右手前の松茸は富士山のむモコモコのコケの湿気を得て裂けることなく傘を大きく開くことが出来たようです。
まるで山のキノコ(ジジババペア)に向かって、「おいでおいで」と手を出しているようでした(*^▽^*)

現在山の中では松茸な限らず沢山の種類のきのこを目にすることが出来ます。
自然って不思議なのか、正直なのか・・・人間側がタダ振り回されているだけなのか・・・

どちらにしろ有難い事ですね。

ここまで開くと胞子をかなり飛ばすことが出来たので、もうきのこの傘の部分のお役目は終わりですね。
と言うことは・・・
今採取してあげなければこの松茸の価値を認めてあげる人がいないくなってしまう( ^ω^)・・・

と言う訳で・・・
有難く頂戴いたしました。

家に帰って処理に取り掛かると、改めてその大きさにびっくり(゚д゚)!

さぁ~美味しくいただきましょう!

山のエネルギーをいっぱい持った正に山の幸。
まな板が松茸で占められている・・夢のような光景!
さぁ~どうしてくれよう?!

ここまで大きいと大胆に素焼、有難い事です。
本当はそのままの姿で取って置きたいのですが、旬の山の幸は旬の内に素早く食して供養してあげましょう。

他にもどんな料理にもなりますが、やっぱり和風がいいですね。
松茸の料理「山のキノコ流レシピ」大公開!も参考にしてください。

自然環境ときのこ

松茸を食す🍄山のキノコ流🍄山から食卓までをお届けしました。

きのこ狩りの醍醐味は自分で発見して、採取して、美味しく食べることですね。
松茸に関しては発見と採取の喜びがひとしおです。
他のきのことは比べ物にならないほどの感激を得ることが出来ます。

シッカリと写真に収め、丁寧に掘り出して・・改めて「こんなに大きくなって・・」と感慨にふけり。
まじまじと観察すると虫食いもなさそう・・・結構な大きさになるのに、虫にとっては美味しくないのかな?

家に持ち帰るまで他のきのことは明らかに違う特別扱い・・・でもやっぱり
早いうちに食すのがいいですね。

口にほおばっても、お腹がいっぱいになる訳ではないのになぜか満たされる。・・不思議です。

気持が満たされるのでしょうか?・・・気持なら他のきのこでもある程度は満たされます。

松茸自身が持っているエネルギーなのでしょうか?・・・特に日本人にジャストミートなエネルギー???

きっと・
自然の環境がギュッと詰まったきのこを作るのでしょう、特に松茸は・・何故か松茸は・・日本人に好まれますね。
山のキノコのキノ小僧もキノ子バァバも御多分に漏れず、感動のエネルギーを頂きました。

きのこ狩りは止められません!

気力・体力・経済力・・・傾向と対策で今後も続きます!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*