貸農園で挑戦!小っちゃいモノ達の活動にどうすればいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

農園をお借りして半年、案の定雑草だらけで
作物どころではありませんでした。

初夏の頃には可愛らしいヒマワリを見ることが出来ましたが、
あっという間に雑草が背丈以上になってしまいました。

きのこ狩りを楽しむように草刈りができたらいいのに😞
春の山菜のように美味しく食べられる草ばかりだったらいいのに。

貸農園で挑戦!その後・・・
夏場の雑草にコテンパンにやられてしまいました。

小っちゃいモノ達の活動とその対策や楽しみについて考えてみました。


貸農園で挑戦!その後・・・

夏から秋にかけてキノコ狩りにうつつを抜かし、しばらくぶりで農園に向かうと・・😨
信じられないほどの元気な雑草君達が出迎えてくれました。

猛暑の合間を縫って出来る限り草刈り機で対処していたつもりでしたが・・・完敗です。

小っちゃいモノのキノコ菌には「頑張れ!(人”▽`)ありがとう☆」と声掛けが素直に出来るのに、
同じちっちゃいモノの雑草の種はなんとたくましい事か!

最初の頃の気持はどこへやら?
貸農園で挑戦!自然の中のキノコ菌と人間のお仕事
コチラをお読みください。

予定通りといえば、予定通り簡単に作物が出来るとは思っていませんでしたが、
改めて農家さんのご苦労を感じました。

それに比べて、きのこ狩りはタイミングさえ見極めれば収穫の喜びのみを味わうことが出来ます。
きのこを育むのは、地球の自然と言うことですから採れない時は採れません。

気を取り直して、どうしたものやら( ^ω^)・・・

木製植木鉢誕生!

チェーンソーを使ってアートが出来てしまう(゚д゚)!様子は
チェーンソーアートの栗田さんの技を目の当たりにして
をご覧くださいね。

これは間伐材を有効利用でき、小っちゃいモノ達のお手伝いに繋がるとっても良い作業です!

チェーンソーを使った時の木屑は、土に還りやすくなり
間伐材は新たな命を吹き込まれ
重みのある作品は雑草対策としておいておくことが出来ます。

と言う訳で・・・

これは、鉢です。

貸農園の御主人のご好意で伐採した木を使わせていただきました。

栗田さんの自然学校にも参加させていただき、なんとか形になりました。

🍄自然環境と共に🍄

人間が自然の大地を利用して作物を作ろう!と考えると
ちっちゃなモノのはずの雑草が元気よく場所を占領してきます。

いつもは小っちゃいモノの働きに感心して感謝もしてきのこを採取させて頂いてますが・・・
さすがに夏場の雑草にはお手上げです。

ちっちゃいモノが大きく元気に活動しているのだから、人間は大きくなったモノを又ちっちゃくしてあげればいいのかな?!
大木を切って利用すれば、人間にも益をもたらしキノコ菌たちも活動しやすくなります。

大自然の中では普通に行われている分解作業。
立ち枯れた木にきのこが発生する様子は美しささえ感じられます。

では、農作業の場では・・・間伐材を利用して鉢にして雑草の上に重石として置いたら
美しさを感じることが出来るかもしれませんよ。

ちっちゃいモノ達とも大きな間伐材とも仲良く自然環境と共にこれからも過ごせたらいいですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*