庭に発生したきのこ🍄ひらたけの成長を4日間観察しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家の庭に発生したきのこは、間違いなくひらたけ
正真正銘天然きのこ。

数年前に切ったタラの木の切り株に、いつの間にやらキノコ菌がやってきたらしい。
しかも、晩秋から冬にかけてのきのこひらたけ

きのこ狩りは、種類をある程度決め狙いを定めて時期と場所を考えて
コチラからお出迎えする。

庭に発生したきのこは、キノコ菌の方が我が家にやってきてくれる。
なんと幸せな事でしょう。

じっくりと観察させていただきました。


第一日目・マーブルチョコ

前回の収穫から毎日「今度はいつ出てきてくれるのか」と心待ちにしておりました。
詳しくは
ひらたけレシピ人気NO.1は?今年一番の嬉しい出来事
をご覧ください。

丁度3週間ほどたちました。

黒い小さなマーブルチョコのような塊を発見!

綺麗なヒラタケの幼菌、幸いにもまだナメクジの被害はなさそうです。
すかさず周りにナメクジ退治の薬を撒きました。

第二日目・幼子


昨日のマーブルチョコの赤ちゃんが、幼稚園児になったようです。
傘の黒が少し大きくなった分だけ色が薄くなったようです。

第三日目・成長期


この二日目から三日目の成長が大きい。
人間の思春期のように急に大きくなったようです。

柄の部分よりも傘の部分の成長があったので、横の広がりを見せてくれました。

第四日目・何故か???

あれだけ用心していたのにナメクジの跡が??
何故なのでしょう?
効果絶大のナメクジ退治の薬よりもひらたけの方が美味しいのを知っているのでしょうか?

🍄 🍄 🍄

庭の木が大きくなりすぎたので切った。→それで→切株が残った。
切株のまま数年の時が過ぎた。→だから→キノコ菌がついて活動範囲を広げた。

気温・湿度等の条件が整った。→だから→きのこの傘を広げることにした。
山のキノコ(ジジババ)は、美味しく食べたとさ・・めでたし、めでたし(^ω^)

きのこが大好きな家の庭にキノコ菌が来てくれて、熱烈歓迎で日々の成長を見守りました。

我が家にナメクジがいるのもきのこが発生するには好条件の証拠だと思います。
ただ、守り通してやれなかったのが悔やまれます。

ひらたけを収穫後に確認してわかったことは、ナメクジは陽がある時間は切株のすき間に隠れていたようでした。
夜な夜な切株のすき間から出てきては、一番近い食べ物がきのこだったようです。
いくら魅力的な薬でも遠くにあったので、目の前のきのこを食べたらしい・・・

次回はきのこの幼菌を発見したら、ナメクジの好みそうな場所を徹底的に確認した後で薬を撒くことにしましょう🍄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*