地球防衛軍きのこ指令室より杉の子「スギコ」ちゃんへの任務

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きのこの最盛期を過ぎた冬でも我々地球防衛軍は黙々と任務の遂行をしています。

きのこ指令室より新たな指令が発令されました。
その前に
の子供のスギコちゃん達を紹介しなければなりません。

スギコちゃんの立場を多くの人に知らせなければ・・・
春になると杉花粉と言う言葉だけで厄介者扱いされてしまう彼女の使命とは?!

もっと根本的な我々地球防衛軍きのこ指令室の存在を確認する必要のある方は、コチラをご覧になってから

家庭菜園の土づくりは地球防衛軍のキノコ菌の任務

「えぇ~何の仕事! 誰に?!」
御心配には及びません。山のキノコことキノ小僧とキノ子供バァバにです。


スギコちゃん達

なぜか特別扱いの杉と松は「天皇陛下お手植えの杉」「天皇陛下お手植えの松」と言われて
日本の各地に目にすることがあると思います。

日本人にとってなじみのある木ですね。

杉は真っすぐに早く育つので木造建築の日本は、伐採ばかりでなく天皇陛下自ら
植えて育てる意識があったのですね。

切り落とした枝葉は、炊き付けに非常に良いのはアウトドアでバーベキューをする時に実感した方も
多いのではないでしょうか?

地球の歴史から言ったらほんの少し前に人間が植樹をして、重宝がられたスギコちゃん達の様子が
この頃おかしいのです・・・( ;∀;)

 

現在の立ち位置

皆さんご存知だと思いますが、国産の木材を使って新しい家を建てる(?)何て考えられません。
沢山の大人の事情があるらしい・・

山の斜面を伐採して大がかりに杉の子たちが植えられた当時は、大きくなったら日本の皆さんの役に立つ
立派なお家になる予定でした。

現在では、春になると杉花粉で厄介がられ
みっちり大きくなって真っ暗な人口林となり、
下草は刈ってもらえず、
狭い場所で栄養の奪い合いをして、何とか生き延びいます。

同じ「お手植えの松」さんは、見た目が美しいと「三保の松林」は世界遺産になって皆さんに
癒しを振りまく代わりに手厚く手入れをしてもらえて・・・いいなぁ~

だけど・・・

松さんの仲間には、松くい虫にやられてもなお立ち続けなければならない子もいて、痛ましい😢

スギコちゃん達だって、皆に認められたいよ! せいぜい、割りばしになれればいい方。
挙句の果てに、キノコハンターからは「杉林かぁ~」とがっかりされる・・( ;∀;)
(ヒョロヒョロだけど味はしっかりしたスギエダタケぐらいですかね~)

 

と思っていたら・・・地球防衛軍からのお知らせに光が見えました。

将来有望な彼女の活躍に期待

キノコ指令室の雑用係の山のキノコに新たな仕事が発令されたのです。
なんと!間伐材を使って素敵な植木鉢やプランターを作る仕事。

山のキノコ(キノ小僧・キノ子供バァバ)おじいちゃんとおばあちゃんだけど大丈夫かな?

杉の木は柔らかいのが特徴で、加工しやすくて風情のある品になります。
(チェーンソーアートとしては、杉の間伐材は女性でも可能だと思います。始めるなら今!)

本来の地球防衛軍のお仕事については、コチラをご覧ください。
ツガタケの正体を暴く!地球防衛軍は静かに密やかに任務遂行

🍄自然環境ときのこ🍄

地球防衛軍きのこ指令室より、スギコちゃん達杉の木の間伐材に指令が出ました。
スギコちゃんに出された指令は、きのこ指令室雑用係の山のキノコが請け負う訳ですが・・・

キノ小僧とキノ子バァバのジジババペアでは仕事量は、たかが知れています。
自然を愛する方々の御協力を頂けないものかと、まずはスギコちゃん達の立場をお伝えいたしました。

山のキノコ(キノ小僧・キノ子バァバ)は、自然界から「きのこ狩り」というとっても奥深い楽しい趣味を頂きました。
キノコハンターの皆様には、この気持ちがよ~く解ると思います。

自然界がアノ可愛くて美しくて美味しいキノコを育ててくれるのです🍄
我々はタイミングさえ見計らって山に向かえば、目標のきのこを頂くことが出来るのです。

こんなに楽しくて面白くて、頭の体操と体の健康をも健全にしてくれる趣味を頂けたのは・・・
自然のおかげ・・・神様のおかげ(?)山のおかげ(?)

自然界の健全な循環があっての自然環境ですね(#^.^#)
きのこが自然界にどれほどの貢献をしているかを考えると、人間の出来る事はほんの少しです。
しかし、
山のキノコ(ジジババペア)だけでは心もとないですね。

一緒に雑用係の仕事をしてくれる人を求めています。
一緒に自然環境の循環に貢献して、すばらしい未来の世界を創造しましょう!

コメンをお待ちしております。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*