毒キノコ!バライロウラベニイロガワリ 山のキノコの独り言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バライロウラベニイロガワリは、「薔薇色裏紅色変わり」
と、何とも素敵なお名前ですが相当の毒らしいです。

名前の通りお花のバラを連想するようなきれいな色。
毒きのこのイメージにピッタリですね。

自然界の毒は、何故あるのでしょう?
人間の命に係わる物質は全て毒ですが、自然界の必要は満たしているモノかもしれません。

きのこの毒について・自然界の毒について・身近な毒について
山のキノコの独り言です。

きのこの毒

毒キノコのバライロウラベニイロガワリは、数年前には図鑑に掲載されていませんでした。
キノコによる中毒事故の報告があると新たに掲載されるものだからです。

つまり、
体を張った中毒事故は今後の人のために役立つ事となります。
(決して毒キノコで人の役に立とう!などと思わないでくださいね)

きのこの毒については先人からの知恵で、現在の私達が安全に楽しませて頂けています。
詳しくは
きのこの種類で白には要注意!成分による毒キノコ症状タイプ
をご覧ください。

自然界の毒

きのこに限らず人の命を脅かす存在は、海の中の魚や貝・陸の蜘蛛や蛇にもありますね。
チョッと不思議なところでは、大麻は神社の神事に使うそうです。

いずれにしろ地球上の生物は人間だけではありませんから、
「毒」という位置づけは全て人間側からの見方になりますね。

自然界全体で「毒」を持ったモノも必要だから存在していることになります。
「毒」の存在を否定してしまったら、「じゃぁ~人間の存在って?」となってしまうかも?!

わかっている事は、地球上の全てが循環している事でしょうか。
人間の肉体も地球のチリとなるそうですから・・・

キノコハンターとしては、きのこ菌が森林の中で大活躍しているのを応援したいです。

詳しくは
地球防衛軍は静かに密やかに任務遂行
をご覧ください。

弱った樹木に働きかけるきのこ菌は、木々にとっては毒なのかもしれません。
しかし、
自然界に無くてはならない分解作業は重大任務と言えます。

身近な毒

身近な毒としては「よどみ」「停滞」「現状維持」だと思います。
水が流れないと、いずれ腐ってしまいます。

便秘も体に不要なモノを停滞させてしまう毒素と言えます。
(便秘の定義は人それぞれらしいですが・・・)

人も現状維持では成長しないそうですので、腐っていく方向を向いているそうです。
だから、常に向上心を持つ事で人間として成長できるそうです。

因みに
我々キノコハンターは、気力・体力・経済力・傾向と対策を心掛けて自然界に接しているので
成果の現状維持で満足できません(*^▽^*)

🍄 🍄 🍄

薔薇色の話から便秘の話まで御付き合い頂き、ありがとうございました。
毒は受け止める側がどのように受け止めるかで十人十色なのかもしれません。
ホドホドの苦しさで成長するのであれば、有難い存在と受け止めることが出来ると思います。

毒は、
人の場合は試練。
きのこ菌の場合は自然界の循環。
と言った所でしょうか。

美しいバラにはトゲがあるので、要注意に越したことはありませんね。
同じように毒きのこは、一つづつ覚えるしかありませんので
皆さんお互いに向上心を持って自然界の中を楽しく生きて行きましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*