山のキノコの独り言🍄食材だけじゃないキノコの働き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

畑にあった大木は、太陽の光を遮る理由で

伐採されたのだと思われます。

 

切株にはきのこが・・・元気よく働いていますね🍄

数年後には、きのこの働きで残った大きな切株も姿を消すことになります。

 

人間が自然に無関心でも、自然の方は淡々と仕事をして変化をしています。

「自然のままにしておく」ことと「放置」という言葉について考えてみました。

人間のエゴ?!

全国的な話だと思いますが、開墾をして

農地を確保した時代がありました。

 

人間が作物を作りやすいように、手を加えた訳です。

太陽が当たるように大木は伐採して、農作業がしやすいように整え

大量収穫が出来るように機械化も進みました。

 

時代が進み、自給自足や地消地産にこだわらず

外国のモノも手軽に手元に届くようになりました。

 

簡単に食べ物が手に入るのなら、苦労して作物を作る必要がなくなった?!

 

放棄農地が現れ始めました。

 

農地を耕すのをやめる。という事は、

元に戻るのではなく、現状の条件に良い植物から

弱肉強食の領地争いが始まることになります。

山を切り開いたので山に戻るのではなく、

今の条件に一番ふさわしい植物がしばらく勝ち続けるのです。

 

自然界も必死ですね!

そのまま自然に任せることは、耕す事を放棄し放置することになってしまいます。

 

放棄農地のシノダケを刈ってみた!

ビッシリと生えそろったシノダケを刈って・・・本来ならば

そのままにしておけば、数年かかって微生物が分解してくれると思います。

 

地下は根っこで張り巡らされている事でしょう。

作物を作ることは出来ませんが、お花を育てたいので

刈り取ったシノダケに素早く土に還って欲しいと思いました。

焼却作業で、灰になってもらいます。

 

あれだけあったシノダケが、ひとまとまりの灰になりました。


山のキノコの独り言🍄

「自然のままにしておく」事と人間の生活環境は相対することで

原始の生活を望むのであれば、そのままがいいですね。

 

原始の生活ではなく文明社会の生活をするのであれば、自然環境を整え

保護する姿勢で人間が関わるべきです。

 

例えば、

水の流れをよくする排水溝が、ゴミで詰まっていては水害に繋がります。

人が歩くための歩道に雑草がはびこっていたら、安全に歩道を歩くことが出来ません。

伸びた木が電線に掛かったら、いずれ影響があるかもしれません。

 

同じようなことで、

生活をしている家の中の掃除をしなければ、埃が溜まります。

埃が、火災や病気の原因になりますね。

 

自然界の木を切って家を建て、生活をするのであれば

家で生活する人がお掃除をすべきです。

 

自然界の土地を切り開いて畑にしたのであれば、

「畑にするのをや~めた。」とするのは「放置」、「農業放棄」です。

 

作物以外の植物がはびこり、害獣の住み心地の良い場所になり、

植物の弱肉強食のドラマを見せつけられ、最悪の場合は

自然災害の引き金を作ってしまいます。

 

全く人間のエゴなのですが、ツケは人間自身が負うことになるのですね(^_^;)

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*