山のキノコの独り言🍄withコロナのご時世

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもの梅雨とは違う日々

ドライブに行けない😢

という事は、温泉にも行けない。

海の幸、山の幸を求めて出かけることが出来ない。

 

おまけに今年の夏は富士山の登山道は閉鎖されるらしい。

山に入りにくい。

 

そんな人間界の事はさておいて、近場をお散歩すると・・・

ありました!

キノコのマンション?! 集合住宅?!

住菌その1ヒトヨタケ

根本にビッシリ、どれだけの「一夜」を繰り返すのでしょう?!

ドンドン仲間を増やし、ジワジワと本体に迫っているようです。

 

反対側では、幼菌・成菌・老菌(朽ちてしまった)を見ることが出来ました。

ある程度のひと固まりで・・・多分、彼らの戦略としては、

小さい傘を数と塊で発生することで胞子を数多く飛ばす?のではなく

地表に溶け落とす?! 感じでしょうか。

 

住人その2カワラタケ

横に広がる一般的なきのこに比べ

上下に広がりを見せるのが、カワラタケの特徴のようです。

 

上下というよりは、多分胞子は下に落としていくのに対して

菌糸は木材の中で上に伸びていくイメージがありますね。

 

横伸びも自由自在なのでしょうから、世界征服(?)はたやすいかと・・・(^_^;)

 

住人その3キクラゲ

伐採された切り口をテーブルがわりに

まるで花を生けたように発生していました。

もう少し状態が良ければ食べられたかな?! と、今一つ

食欲はわきませんが、種類の違うキクラゲが混在していました。

 

きっと、親戚中が集まっているのかな?

 

新しい芽? 希望?

木の皮の割れ目から頭を出したきのこの傘。

ほんの小さな兆しですが、本体は菌糸でビッシリなのだと思います。

きのこ側からすると、菌糸でも勢力をひろげ

更にあわよくば(?)傘を広げて胞子を飛ばすことで

もっと遠くまで移動(?)できるチャンスですね。

 

この赤ちゃんきのこが、成長して胞子を飛ばしてくれれば

「任務遂行」となります。

 

途中で、「任務遂行ならず」という事もあります。

例えば

なにかの物理的な衝撃にあう(蹴飛ばされてしまう)

 

例えば

採取されてしまう(美味しいきのこだったら食べられちゃう)

 

そんな事が繰り返されたら、「自然破壊」?!

いえいえ 大大丈夫です。

 

きのこの傘(きのこ全体)は、氷山の一角で

菌糸というバックがついていますから、絶滅することはありません。

 

・・・・・? ? ? ? ?・・・・・

まるで「人類の歴史は、ウィルスとの闘い」という言葉を連想しませんか?!

 

ツガタケの正体を暴く!地球防衛軍は静かに密やかに任務遂行

にて、きのこの攻防戦をお楽しみいただけます🍄

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*