チチタケ🍄栃木県ではマツタケ以上の高級品?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チチタケは栃木県では異常な人気があります。

マツタケ以上かもしれません。

 

7月まだ、梅雨明け前にチタケを発見しました。

過去に数回見かけた場所ですが、あまり期待していなかったので

大変嬉しいです。

 

今年は本当ならば東京オリンピックでしたね( ;∀;)

まことしやかにささやかれている「オリンピックイヤーは豊作」

4年に一度菌界でもビックバーンが起こるのかな?

 

県外への外出は控えたほうがいいですよね。

地元千葉県でもチタケを見つけたから・・・いい?

もっと沢山きのこに逢いたいものです。

チタケの思い出

汗だくになってきのこ狩りをするものなのか?!

しかも、やぶ蚊との闘い。

 

ポツンポツンと山の中でビロードのような濃い赤茶色を目にすると

何故かワクワクしてくるから不思議です。

 

本格的なきのこのシーズン前のウォーミングアップ(?)にしては、

チョッときついです。

 

いつの頃からか、登山へも興味が湧いてきました。

登山は景色を楽しむモノ。

きのこ狩りは、見つけて楽しみ・食べて満足し・来シーズンに思いを寄せて喜ぶ(*^▽^*)

 

栃木県人のキノ小僧にとっては、普通の行事かな?

詳しくは、

きのこ狩り日記!チタケは山のキノコ(ジジババペア)の原点

をご覧ください。

 

チタケの食べ方

定番の食べ方があります。

ほぼ栃木県の郷土料理だと思いますが、茄子といんげんは欠かせません。

 

そういえば、栃木出身の方が「チタケ食べたいなぁ~」の一言で

冷凍保存してあったチタケで、作った事がありました。

 

その方はもう亡くなられましたが、冷凍でも

とって置いてよかった、作ってよかった、持って行ってよかった、と思います。

 

季節のモノは、タイミングが大事ですね。

完全自給自足チタケメニューは、いんげんの復活に託された!

 

を、ご覧ください。

現代人は苦労しますが、きっと昔の人にはない苦労だと思います。

 

他の地域では見かけない様子については、コチラをご覧ください。

ちたけうどん料理が栃木県で愛される理由大公開!?

山のキノコの独り言 🍄

毎年夏が来ると、いよいよキノコシーズンが始まります。

チタケとりから始まって晩秋のシモフリシメジまで

一週間ごとに季節が進んでいくのを肌で感じます。

 

きのこ狩りは、気力・体力・経済力で出来るだけ(生きている限り)

ずっと楽しみたいものです。

 

ブログからの発信で自然界の循環は、実は人間の生活に密接している

大事な事を伝えたいと思っています。

 

季節がめぐり草木が育ち地球上の空気や水を 綺麗に保つ働きをしています。

綺麗な空気や水は、人間だけではなく生物全体にとって命の源ですね。

 

きのこの働きは、落ち葉や枯木を分解する事。

循環の一部です。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*