チャワンタケは誰のための茶碗?山のキノコの独り言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄色いお茶碗に山盛りのごはんをよそって

モリモリと・・合宿所でしょうか?

いいえ

地球防衛軍は、マッチョな男たちが前線を固め

頭キレキレのトップが指示を出し・・・

悪は滅びて、正義が勝つ!

そして

地球の平和は守られるのだ。

ミクロの世界の菌類達が、今日もせっせと働き

条件がそろえば、子実体(🍄)を作り胞子を飛ばす。

大木を分解して仲間を増やす

そして

必要とされない時は、眠りに入る。

ありがた~いキノコのお話です。


自然のサイクル

地上の植物も動物も菌類も、太陽の光と温度、雪や雨、台風などの風の中にいて、

かなりいい条件の中に人間が住んでいるの知っていましたか?

お隣でも遠くでも争っている場合ではないのに・・・

ほら

ナラタケが地球征服を狙っているかもしれませんよ!

キノコの中でナラタケは最強らしくて、北半球にも南半球にも彼らは生息しているらしい。

しかも

人類の数の比ではないほどに。

ただ

目にみえないだけ。

キノコが地球上からいなくなったら

もの言わぬ彼らが、もし存在を消したら・・・

枯れ落ちた葉っぱが山積みになり、海も川も葉っぱで埋もれる。

水は流れを失い、体積ばかり増えていく。

葉っぱのない木は光合成をしなくなり、水の流れがなくなったので雨もない。

まともな栄養を得られずに立ったまま。

人間の食糧も住む場所も心配😟

人間の肉体が活動を停止した時だって

彼らの仲間たちがせっせと分解をはじめる?

有難いやら恐ろしいやら

(体内にキノコ菌が生える病気ってあるのです。)

人はどうしたらいいの?!

モノ言わぬ彼らは最強です。

感情もないので、ここの場所と決めたらせっせとよく働きます。

いや~待て待て、話し合おうじゃないか。

なんて

通じる相手ではありませんよ。

実は、地球を破壊しているのは人間で、守らなくちゃって焦っているのも人間。

てことは、地球は人間次第ということです。

菌類よりもはるかに図体のデカい人間が、地球上でわがもの顔でのさばっているのを

彼らが、「快く思わない」という感情が芽生えたら・・・😟

人類は滅び以外ないでしょう。

ここは、

お互い地球上に生き延びるために

友好同盟を組もうではありませんか。

彼らの生体知っていますよ。

秋になると🍄の形を表すのです。

採って食べると美味しいのです。

採りすぎても保存方法はあるし、絶滅する心配もありません。

国家でもなく、組織でもなく、同盟でもなく、武器でもない

彼らに対抗するための秘策は、

家族かな?

彼らが株で発生するのを人間も見習い、動物との遭遇や思わぬ怪我などを想定して

山に入る時は単独行動は極力避けて下さい。

家族や友達と一緒に

そして、

彼らを見つけた時に

見~つけた!(o^―^o)

勝利の喜びにひたり、

株で発生している姿を見た時は

社会の最少単位である家族に思いをはせて感謝しましょう!

これでアナタも、

最強キノコハンターです。

ムレオオフウセンタケ、チョッと強そうでしょ💪

最強同士が集まれば、

地球防衛軍ができ

地球は守られるのです。

黄色い小さなチャワンタケは可愛いですが、彼も立派な地球防衛軍です。

「きのこの種類を写真で紹介!極秘報告書キノコ狩りの記録」も読んでみてくださいね。

https://tibasodekinoko.com/archives/1474

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*