カンゾウタケ?! 肝臓を連想させるきのこ🍄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

5月、6月にスダジイの大木の幹から赤いベロ(小さいので、チョッとだけ可愛い)を見つけたら

きっとそれは「カンゾウタケ」

どうしても名前が・・・

 

あまり良いイメージが湧きません。

 

で、持ち帰り一通り眺めて

切って切り口を見て

 

さぁ~、どうしたものか・・・

 

今年(2021年)の春は物足りなさでいっぱいです。

 

それもコレも全てコロナのせいにして、何かいいことないか探してみました。

 

カンゾウタケ

「肝臓」と言われてまじまじと観察すると・・

本当に色の具合や表面の線が、何故か生々しく感じられます。

以前から図鑑の写真では見た事があるけど、実物を見るのは初めて。

「生食可能」と聞いたことが・・・

 

確かめると、やっぱりフランスではサラダの具材にする。と書かれていました。

「少し酸味があるが、バター炒めもよい」

「味区分はD」

Dは、肉質に特徴のあるもので

口あたりがボソボソしていたり、

こりこりした歯ごたえのきのこ。・・・・とあります。

 

「切り口から血がしたたるような・・・」との表現も、ちょっと大げさかと思います。

確かに・・・ジワーと赤く染まってきました。

 

で、

やっぱり食べる気にはなれず。

 

「牛の舌」「貧者のビーフステーキ」などと言われ・・・

図鑑の文字からは、「うまい」を連想することが出来ず・・・

食することなくただ観察をしただけで終わりにしました。

 

どうやら外国では重宝がられるきのこの類のようです。

 

日本国内でも同じような事が言えますが、

その土地の食べ方 をもっと知ると世界が広がりますね(*^▽^*)

 

コロナが収まって、もっと気軽に遠くへ行けるようになったら・・・・

(*´σー`)

 

気力・体力・経済力が許す限りの

キノコハンターを楽しみ尽くす人生もいいですね。

 

春の競演

春と言えばハルシメジ

春をイメージする言葉と言えば?ハルシメジは外せません!

ですよね。

 

いつもの場所に、いつも通りの時期に、微調整をしながら向かうと・・・

 

なにもコロナ渦の不景気な人間界にならうことはないのに・・・

ほんの僅かな数しか収穫出来ませんでした。😢

 

本当に信じられないほどの収穫で、テンションが下がり気味。

春になったら逢いたいきのこ(あの子)、沢山のきのこ(あの子)に出逢いたいものです。

で、

コチラはどのように食して楽しんだらよいのか・・・

ご飯・汁物にするにしても少なすぎる。

バターソテーなど絶対ムリ!

大切に大切に処理をして

 

シーズンも終わりに近いタケノコと一緒に

お醤油とお酒でサッと煮、

からの~

炊き込みご飯で落ち着きました。

山のキノコの独り言  🍄

自然に従順に従う事が人間の定めですね。

自然界の不思議をよ~く観察させてもらい、どうしたら楽しく生活できるか?!を考える。

 

どうしたら私達が楽しく過ごせるか?!を考える事は、全て自然界からの贈り物ですので

本当に有難い事です。

 

お日様も、水も、風も、大地も、全てが関係しあって自然が成り立っているのかと思うと

小さなきのこが愛おしく感じませんか。

 

きのこ一つを見ても、観察するだけでなく、食べ方を考えたり、

名前の由来から昔の人や外国の人の感性を感じたりできます。

 

自然界は面白い!

 

なので?!

コチラの記事も参考にご覧くださいね。🍄

きのこの種類を写真で紹介!極秘報告書きのこ狩りの記録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*