【たけのこの里】に同居する【きのこの山】カンゾウタケ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【たけのこの里】も発生が一段落し、

いよいよ やぶ蚊だらけの夏山へと移行していきます。

 

という事で、竹藪を整備してタケノコの収穫までを

年明けの1月の真冬からの作業が終わりを迎えます。

 

実は【きのこの山】は、一年を通して山の中で分解作業をしてくれています。

真冬でも春先でも彼らは一生懸命に働いています。

 

元々あったであろうスダジイの大木に カンゾウタケを確認したのは去年4月。

今年も同じ場所、同じ季節に確認できました。

山作業の合間を楽しませてもらいました。


たけのこの里

孟宗竹の竹藪は、一般的に標高の低い人里に多く見られます。

私達、山のキノコ(キノ小僧&キノ子バァバ)が御世話になっている竹林は、

元々の山であった場所に孟宗竹が広がってきた。と聞いています。

 

竹の根が物凄い勢いで侵略してきた・・・ような感じです。

 

竹は石油製品がない頃は、生活用具に重宝したそうです。

という事は、

適度に有効利用することで間引が出来、おまけにタケノコで食でも楽しませてもらっていたのですね。

 

カンゾウタケ

カンゾウタケは、【肝臓茸】と書きます。

一応食用になりますが、私達はあまり食べません。

 

フランスでは「ラング・ド・プフ」(牛の舌)と呼んで

生のまま薄くスライスしてサラダの材料にする。・・・・そうです。

(山渓カラー図鑑 日本のきのこ)より

 

昨年の記事もご参照ください。

カンゾウタケ?! 肝臓を連想させるきのこ🍄

 

 

山の中に竹が侵入する以前から鎮座していたであろう

スダジイの大木にあったカンゾウタケは、今年も全く同じ所から発生していました。

我々としては食の対象ではありませんが、傘の断面と裏側を観察してみました。

 

「切り口からは、まるで血のような赤い汁がにじみ出て・・・」 って、

書いてあるけど、そうでもなく

赤いスジがくっきりと見えます。

 

傘の裏は表とはまるっきり違って、クリーム色っぽいような柔らかな印象です。

 

一般的なキノコの裏にあるヒダはなく、マイタケのような感じです。

マイタケの裏側を見たことがない人は、是非スーパーで買ったマイタケの裏を見てください。

小さな穴から胞子を飛ばすタイプの種類です。

 

山のキノコの独り言

私達は自然の循環の中の一コマを楽しませて頂いています。

【たけのこの里】【きのこの山】では、収穫して四季を感じ美味しく食欲を満たしてもらいます。

 

どちらも少し関わらせてもらうことで、人としての喜びも味わうことが出来ますね。

 

自然界はそのまま、人が関わらなければ関わらないで循環はスムーズに進みます。

竹は勢いよく勢力を伸ばし、間引きをせず密になってもいずれ順番に枯れて

菌類の力を手助けにして土へと還ります。

 

少しだけ関わらせてもらうことで、私達人間は大きな得(徳)を得ている事に

気付いている人はかなり少数派らしいです。

 

気か付くと、本当に有難いことだと思い 幸せな気持ちになれますね。

 

【たけのこ】も【きのこ】も四季や自然の大循環を感じやさせてくれて、

本当に有難い存在です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

伝える事・記事作成の学びは「PRIDE」を教材としています。


;

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*