完全自給自足チタケメニューは、いんげんの復活に託された!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭菜園は、キノコ狩りのオフシーズンの楽しみの一つです。

夏のキノコと言えば、チタケです。

チタケといえば、ナスとインゲンが欠かせません。

 

家庭菜園で「目指せ!完全時給自足メニュー」として、

チタケのために茄子とインゲンに挑戦しています。

 

できるだけ、美味しい野菜を沢山収穫したいと欲張っているのですが、

インゲンに復活あり?!の兆しが見られました。(^^♪


インゲン元取れワンワン

元々2袋100円の種から始まったインゲンは順調に成長し

花を咲かせて一時期毎日の収穫がありました。

チタケの採れる時期まで持たないと判断して、固ゆでしたインゲンが現在冷凍庫で出番待ちをしています。

 

黄色い葉が目立ち、

花も咲かなくなったのでもう終わりだと思っていました。

 

ところが

 

 

伸びきったつるの先端部分に新たな花が・・・・

根本からは若芽があるではありませんか(*^▽^*)

 

期待しちやいますね~

 

永遠のテーマ、復活!

一度終わってもやり直しが効くことは、そうあるものではありません。

前回の経験をより一層活かして収穫の時を待つこととしましょう。

 

肥料を奮発して、又あの喜びをお願いね(≧▽≦)

インゲンの収穫は、朝夕に右から左から上から下からよーく見ないと

いつの間にかドテっとした実になってしまいます。

 

一度収穫期がすぎてもツルは生きているからでしょうか?

 

平凡な毎日も、結構同じことの繰り返しをしているので

大切に物事をこなせば経験を積むということができます。

 

毎日復活して新しい一日を過ごすように心がけたいものです。

 

新しい一日の前に・・

どうしてもキノコに結び付けたいので、

お許しを🙇

一度なくならなければ復活ってあり得ませんよね。

一度なくなるって・・・

自然界では分解

つまり

キノコあっての復活と言えるのではないでしょうか(^O^)/

 

 

新しいものの前にキノコの働きがいかに意味あるものか(*-ω-)ウンウン♪

 

🍄 🍄 🍄 まとめ

もうすぐ夏のキノコのチタケが採れるはず

完全自給自足のチタケメニューのために、ナスとインゲンを家庭菜園で育てています。

 

インゲンの収穫時期が一段落したと思われましたが、新芽と花がついているではありませんか!

 

追肥をして、又良い実を沢山採らせてね(^^♪

 

インゲンはツルが存命だったから復活したのでしょう、

自然界では一度キノコに働いてもらうことで、落ち葉が分解されるので

森が成り立っているのです。

 

復活って永遠のテーマだと思いませんか!?

もうダメだ! おしまい。

って、さみしく思っていたら・・・

 

復活できたらいいですね。元気が出るし、期待もしちゃう!

 

反対に苦しい事は、永遠に終わってくれ~( ;∀;)

ですよね。

 

チタケ情報はコチラからもどうぞ・・

 

「ちたけうどん料理が栃木県で愛される理由大公開!」

https://tibasodekinoko.com/archives/482

 

「きのこ狩り日記!チタケは山のキノコ(ジジババペア)の原点」

https://tibasodekinoko.com/archives/714

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*