ちたけうどん料理が栃木県で愛される理由大公開!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちたけうどん料理を御存知ですか?

栃木県では特に愛される理由があるのです。

 

それぞれの郷土料理ってその土地をしっかり現していますよね(*´∀`*)

食材、気候風土、土地柄などがなんとなくわかるような気がしませんか?

 

山のキノコ(ジジババペア)としては、まずチチタケの魅力についてお知らせしたいと思います。

「チチタケ」って個性派キノコで、魅力たっぷりなんですよ~(#^.^#)

 

 

チチタケの魅力&うどん料理

正式名は、チチタケですが「チタケ」と呼ばれています。

何といっても正統派のキノコの形で小型のキノコですので、とにかく可愛い(≧▽≦)

 

夏の暑い盛りに雑木林に突如として目に入る濃~い色は、黄褐色とも赤褐色とも表現されますが

実物を見ればアナタも心奪われてしまうような何とも言えない色をしています。

 

 

濃いビロードのようで、いい色でですよ~(#^.^#)

もう~メロメロ

傷から白い液が出るので乳茸と言われ、

これがダシの決め手のようです。

 

 

チタケと茄子とインゲンを炒め煮にして、

甘辛く味付けをしたものをつけ汁にしてうどんを頂くのですが、

栃木県では、夏になると「チタケうどん有ります」の張り紙が店先に出ています。

 

国際観光都市の日光でも見かけますので、

今度気を付けてみてくださいね。

 

栃木県人は、特に大好きで直売所でも、露店でも、

お蕎麦屋さんでも、スーパーでもチタケを見かけます。

 

チチタケのうどん料理が存在する理由

チタケの発生は、お盆休みの頃であること。

その時期の野菜が茄子とインゲンであること。

から

夏の家族が集まる時期に、さっぱりと喉ごしの良いうどんが好まれたのだと思います。

 

手間暇かけて食材を大切にいただく知恵は、

山間の地域ならでは、

栃木県では他にも「とちもち」や「しもつかれ」などの郷土料理もかなり大変そう( ;∀;)

山のキノコは手間のかかる作業が欠かせません。

 

採ってきたチタケは汚れを取って塩水につけて、虫だしをします。

白い液がダシの元なので、塩水につけるのを

嫌がる方もおられるようですが

 

虫だしはやっておいた方がいいですよ🍄

 

チチタケのうどん料理が愛される理由

上級者(?)は、キノコについている虫もたんぱく質だから食べても大丈夫らしい。

というのは、

虫出しが完璧に出来なかった時の言いわけですが( ^ω^)・・・

 

山のキノコに虫はつきものですので、あまり気にしてもキリがありません。

 

茄子とインゲンを用意して、油炒めにします。

味付けは、醬油、酒、砂糖、さし水をして炒め煮にしてください。

栃木県人のキノ小僧はノックアウトです。(゚∀゚)━!

 

 

お好みで茄子はたっぷりの油でいためたり、

さし水を多めにして素麺のつけ汁にしたり。

 

そのままおかずとして食べても、

パスタや炊き込みご飯にしても美味しいです。

 

山のキノコはチタケに限らず個性豊かに味を主張します。

一度味を知ってしまったら何度でも食べたい味なので、キノコ狩りは止められませんね。

 

🍄 🍄 🍄 まとめ

ちたけうどん料理が栃木県で愛される理由は、

夏のお盆の頃に発生することと

手間暇かけて料理をして帰省する家族をもてなす心ですね。きっと!

 

なにしろチタケは可愛いくて美味しい! ( ^ω^ )

 

魅力たっぷりで夏の雑木林に発生し、お盆で集まる家族を満足させてくれる味です。

 

「完全自給自足チタケメニューは、いんげんの復活に託された」お話もどうぞ

https://tibasodekinoko.com/archives/468

 

「きのこの種類を写真で紹介!極秘報告書キノコ狩りの記録」も読んでみてくださいね。

https://tibasodekinoko.com/archives/1474

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*