高山植物から連想、山のキノコ(ジジババペア)の独り言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高山植物ときのこは全く別物ですが、

高嶺の花とマツタケには共通点がありますね。

どこが?

人を簡単には寄せ付けない場所にお住まいで

強い力を秘めています。

 

写真のオダマキは、惚れ惚れするような

鮮やかな色で岩手山の鬼ヶ城にお住まいでした。

ところで

 

誰のために~咲いたの♪

それは~アナタのためよ♫

誰に見せる訳でもないのに

何故に?

好きこのんでゴツゴツの溶岩だらけの所で咲いているのでしょう?

 

 

登って来る人間以外に花を愛(め)で、

エネルギーに変える生き物が他にいるのでしょうか?

癒されますよね~

 

 

誰のため?

アナタ?

そう!

アナタか私以外いないでしょう(・∀・)

 

伊藤咲子さんの歌をご存知の方は、それなりのお年でいらっしゃいますね。

オダマキの名前の由来は、糸を巻く道具からきているそうです。

今度見かけたら、「糸巻き咲子さん」を連想しそう(´∀`*)

 

高嶺の花とマツタケ

共通点の、簡単に人が入れない場所というのは

つまり

人が生きていくには厳しい環境ですが、彼らにとっても厳しさは同じです。

 

厳しい環境に耐えて耐えて耐え抜いて、一時だけ花を咲かせたり

キノコの形をつくったりします。

 

強いですよね。

 

高山植物は、外見の美しさからは芯の強さなど

これっぽっちも伺わせませんし

むしろ

可憐で弱々しくさえ見えるので、思わず守ってあげたいような錯覚をしそうです。

 

マツタケは、キノコハンターなら皆同じだと思いますが

他のキノコとは見つけた時の感動が別格で、

キノコから風格貫禄さえ感じ取ることが出来ます。

 

高嶺の花もマツタケも、なぜか豊かな気分にしてくれます。

 

鬼ヶ城に住む可愛い住人

わかった!

 

鬼の心を癒すために

こんなに可愛いんだ!

日頃の下界での出来事は、トゲトゲの鬼のようですね。

厳しい環境でも、これだけ可愛らしく健気に花を咲かせることが出来るなんて。

 

ツガザクラによく似ていますが、イワハゼ(別名アカモノ)だと思います。

可愛いすぎます(´∀`*)

 

間違っていたらごめんなさい。

コメントで教えてくださいね。

🍄 🍄 🍄 まとめ

高山植物からキノコに思いをはせ

岩手山の鬼ヶ城の花々からエネルギーをもらいました。

 

ゴツゴツとした溶岩の厳しい環境で咲く花は、健気で可愛い容姿ですが

芯の強さで登山人の心を癒してくれますね。

 

高山植物もマツタケも、簡単にはお目にかかることが出来ないからこそ

その価値が高く感じられます。

だけど

人を癒す力のある本当の強さが秘められているところに

魅了されるのだと思います。

 

地球上の生物で、お花を見て癒されるのは人間だけの特権ですので、

アナタのために咲いているはずです。

 

キノコは自然界では分解という大仕事をしています。

高山植物ほどの装いはありませんが、その自然界での分解の強さを内に秘め

キノコハンターを感動させてくれます。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*