家庭菜園から連想、山のキノコ(ジジババペア)の独り言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭菜園の楽しみは、野菜の成長を

毎日見ることが出来ることですね。

もちろん

自分の庭で実った野菜の味は格別です。

 

キュウリの黄色い花が、可愛いキュウリの赤ちゃんを付けたかな

と、思ったら

もう食べごろになりました。

 

キュウリから連想するものは・・・


塩、味噌、醤油、もったいね~

世の中に情報が沢山行きかっているのに

キノコは食べごろになっても誰も教えてくれません。

 

そんな時、思い出すのが日本昔話。題名は忘れてしまいましたが、

 

「塩、味噌、醤油、もったいね~」と言いながら

キノコさんが、寝ている人の周りをまわって行ったとか・・・

 

ショウゲンジのようなキノコが毎晩、

なので

着物の裾に針と糸をつけて

翌日たどっていくと・・・

 

沢山のキノコが丁度食べごろだったとか。

 

「ショウゲンジ」とは、「正源寺」でお坊さんを連想させてくれます。

岩魚坊主(妖怪)のようなイメージもあると思いませんか?!

 

採れたてのキュウリ

朝みつけたら、速攻食べたくなります。

そう~

味噌をつけて、そのまま

 

美味しかったです!(#^.^#)

 

以前に比べて、まともな家庭菜園が出来るようになってきました。

 

キュウリは大きくなりすぎる前が好みですので、収穫のタイミングは逃したくありません。

 

山菜取りに出かける方は、味噌持参で食べごろを採って

その場で味噌をつけて食べながら歩くとか・・贅沢ですよね~

 

世界に誇る日本の調味料

醬油or味噌?

どちらも大豆の発酵食品、本当に体によくて持ち味を活かしてくれますよね。

 

キノコをよく塩漬けにして保存しますから

昔話のキノコ自身も調味料を熟知していたのでしょうか?

 

天然のホンシメジは醬油のすまし汁が絶品!

キノコシーズンに多種類のキノコが少しづつ採れたら、キノコの味噌鍋がおススメです。

キノコを使った和食は、世界遺産にふさわしいですよね。

 

🍄 🍄 🍄 まとめ

家庭菜園の楽しみは、成長過程を見ることと庭で採れた野菜を食べることですね。

収穫のタイミングは、毎日手入れをしていたら逃しませんよね。

 

キノコの収穫時期も逃したくないのですが、

「塩、味噌、醤油、もったいね~」

って、教えて頂けませんか?

そう上手くいくものではない所に、キノコ狩りの魅力もあるのですが・・

 

世界遺産でもある日本食の調味料(醤油、味噌)は、キノコにとっても欠かせません。

「もったいない」精神も日本の誇りですね。

 

山のどこかに 美味しいキノコが、

人知れず発生しては朽ちていく・・・(;゚Д゚)

 

こんなもったいないことってあります?!

 

私にご連絡ください!

お待ちしています。コメントでもいいですよ!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*