ほんしめじ!天然モノを求めてキノコ狩りの本命

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ほんしめじはキノコ狩りランキング第1位。

 

山のキノコの中でも憧れのキノコです。

 

シメジの種類は沢山あり、

スーパーの店頭に並んでいるのはブナシメジの栽培ものです。

 

よ~く注意してみると栽培物の本シメジがありますので、

是非探してみてくださいね。

 

日本の栽培技術って素晴らしいです。

だけど

天然のホンシメジに出逢うことって、「生きててよかったぁ~」って感動してしまいます。(≧▽≦)

 

 

キノコ狩りの本命、第1位

毎年同じ場所に出るキノコの場所を「シロ」と言いますが、

昔から「親子でもその場所は教えない」と言われるほどに

ヒ・ミ・ツにしておきたい大切な宝物なのです。

 

「香りマツタケ、味シメジ」と言いますよね(*´∀`*)

ホンシメジは憧れの美味しいキノコです。

 

ホンシメジは、

「本当のシメジ」という意味で「ダイコクシメジ」とも呼ばれます。

大黒様のお腹をイメージしているようで、どっしりと貫禄があり風格を感じます。

 

ホンシメジは、採ってすぐに秋の味覚を味わうとともに

処理をしてお正月のお雑煮用に取って置きます。

 

ホンシメジが採れて、初めてキノコ狩りをしている実感と

「これで又無事にお正月が迎えられる」

と、ホッとします。

 

優秀なシメジ達

晩秋の霜がおりるころに発生する

シモフリシメジ(霜降占地)

なかなかの風格です。

シャカシメジ(釈迦占地)

お釈迦様の頭のように小さい傘がいっぱい。

 

 

ハタケシメジ(畑占地)

公園など造成した土地の地下の材木を栄養にして

発生するキノコです。

 

どれも美味しいキノコではありますが

やはり

ホンシメジには憧れます(≧▽≦)

 

キノコ狩りで出会うシメジ達

「シメジ」は、「占地」と書きます。

地面を独占するかのように、キノコが沢山発生して占める事から付けられているそうです。

 

「シメジ」と名の付くキノコは

みんなホンシメジに憧れて名前を付けたのではないか

と思うくらい沢山あります。

 

キノコの活動から広く領地を取ったほうが

「強い力を示すことが出来る」と言うことのようですね。

 

ウラベニホテイシメジは、裏紅布袋占地

ニオウシメジは、仁王占地

キシメジは、黄占地

サクラシメジは、桜占地

ハエトリシメジは、蠅取占地

アブラシメジは、油占地

ハルシメジは、春占地

オシロイシメジは、白粉占地

スミゾメシメジは、墨染占地

 

「○○シメジ」という名前は罪作りです。

皆美味しそうな名前に聞こえますが・・・

個人の好みやお国柄が出るようです。

 

 

🍄 🍄 🍄 まとめ

キノコ狩りの本命は、ホンシメジです。

味はもちろん、見つけた時は「出会えてよかったぁ」と思います。

 

占地の名前は、地面を占領するように発生することから付けられていると思われ

ホンシメジ以外にも「○○シメジ」が沢山存在します。

 

キノコ狩りをするからには、本命のホンシメジを毎年採りたいですが゜

シロは他人には教えてくれません。🙅

 

自力で山をさ迷い歩いて・・・

もちろん

出そうな場所を傾向と対策で調査しながら、キノコ目で山を歩きます。

 

毎年安定して発生してくれるシロを複数知っているといいですね。

 

シロは財産とでも言えそうなくらい大事な情報です。

 

「きのこの種類を写真で紹介!極秘報告書キノコ狩りの記録」も読んでみてくださいね。

https://tibasodekinoko.com/archives/1474

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*