きのこ狩りの楽しみ方!山のキノコ(ジジババペア)の珍道中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キノコ大好き! 温泉大好き! お天気のいい日の山頂からの景色が好き!

食べることも、寝ることも、ボーとすることも大好き!

だけど

キノコを見つけた時の喜びのために、山に登ることも、体を動かすこともチョッと好き。

汗だらけになって登り坂ばかり、ヒーヒーハーハーいって何が楽しいの?

仕方がないのです。

 

キノコに出会って食べてみたら美味しかったのですから。

天然キノコの味を知った人生と、知らない人生では全く違うことに気づいてしまったのですから。

 

生活費削ってまでキノコ狩り行くの?

仕方がないのです。

 

だって楽しすぎるのですから、

生活そのものが何かを採取する農耕民族と狩猟民族のいいとこ取りの生活だと思えば

毎日の節約生活はお出かけ(キノコ狩り、温泉、登山)のためにあるようなものです。


キノコ狩り、温泉と登山の計画

今から5年前のお出かけ計画の話です。

子供達も成長して夫婦二人の余暇の計画は、色々なハードルが外れて気持ちが楽になりました。

気力 体力 経済力が許す限りお互いが楽しく過ごせれば大満足です。

 

ここで気を付けなければならないことは1つだけ・・・二人そろってチョッと外れていることです。

当時の私たちは自分たちの事を甘く見ていました。

まだキノコの季節には早いし、ただ観光だけに行くにはもったいない。

経済面から今回はキノコの下見にしよう。

体力づくりの登山と気力のモチベーションを考えて、日帰り可能な距離の登山と

日帰り温泉が楽しめる場所を選定しました。

 

 

群馬県のとある山「関東日帰りの山ベスト100」のなかから選出、

初回は経済面より体力面を考慮して金曜日の夜、会社が終わってから出発23時前までに高崎駅前の

ビジネスホテルに入ることで、休日の渋滞回避をしました。

もともと日帰り可能な距離を夜のうちに目的地に行ってしまうので、

翌日の登山の体力の心配を軽減させる作戦です。

 

山選びの注意点は登山道の標高差・・・で400mくらいは

富士山でのキノコ狩りの練習としては最適です。

 

キノコの成果は?

朝コンビニによって朝食とお弁当を確保していざ出発!

朝食は車内移動中に

気温が上がるようなら水分は多めに用意します。

キノコを撮影の為のカメラともしもの時のクマよけの鈴とラジオ。

 

まず、登り始めの木の種類が、カラマツ林になっていたので晩秋にはハナイグチが期待できそう!!

気持ちが上がってきます

 

ヒーヒーいいながら 8合目あたりが、雑木林になっていて風通しがよさそう・・んっチチタケを発見!

だけど人目が気になるのでそ知らぬふりをしてやり過ごす。

あたりが静かになったらチチタケを頂きます。

 

そう~キノコ狩りはなぜか堂々としないほうが良いようです。

山の草花をもぎ取るように思われる風潮があるからなのです。環境維持を念頭に優しくいただきます。

 

 

登山の方は相変わらずヒーヒーいいながら

「あと少しで山頂」と自分を叱咤激励して頂上を目指します。

 

山頂からは長野県側の浅間山を望み他の登山客に混ざってコンビニおにぎりをほうばる私達。

キノコと山頂の眺望に満足して、又下を見ながら「もっとキノコはないか」と思いながら下山です。

キノコ狩り登山の後は温泉

車についてからすぐにキノコを丁寧に新聞紙にくるみできるだけ早く帰宅して処理をした方がいいので

すが、今日のもう一つのお楽しみ、

立ち寄り湯であせを流しサッパリ、リラックスしてお湯に溶け込みます。

 

今回は「はまゆう山荘」

14時頃の入浴はほぼプライベートバス、大きな湯船も大きな窓の外の景色も独り占め。

お湯は無色透明の単純泉、ダッシュで体を洗ったら手足を伸ばして・・・しばしボー

お風呂上りにグッと冷たいお茶を飲んで、混まないうちに土曜の午後の高速道路を我が家方面へ。

 

この楽しい趣味は止められません。

気力が続く限り永遠にキノコ狩りをしたいと思います。

気力の心配はほぼ皆無と言えますが、体力と経済力についてはよく吟味しなくてはいけません。

 

キノ小僧とキノ子バァバはこの世では、一心同体の夫婦の形をとっていますが

本当はキノコハンターとしての良きライバルなのです。

ライバルではありますが、気力 体力 経済力をお互い駆使してキノコ狩りに望まなくては

我々の欲望を満たすことはできないのです。

 

だから表面上は仲のいい初老夫婦に見えますよ! きっと!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*