山のキノコから浜のキノコへ

菌根菌の活動の場が守られることが最大の願いです。
マツタケはアカマツ林、シモコシは黒松林。
健全な自然循環のお手伝いをして、これまでにキノコ狩りを楽しませてくれた自然に恩返しできるような活動を志します。

サルノコシカケ効能と煎じ方🐵自家製漢方できるかな?!

コフキサルノコシカケの効能と煎じ方を調べました。

 

近くの公園で見つけたサルノコシカケを

しばし眺めて

猿がお尻の下にするキノコにどれだけの期待をかけていいのか?

 

自然界の動物が自分の体に良いものを取り入れていることは良く聞きますが、

サルノコシカケってどうなのよ?

続きを読む

【たけのこの里】に同居する【きのこの山】カンゾウタケ 

【たけのこの里】も発生が一段落し、

いよいよ やぶ蚊だらけの夏山へと移行していきます。

 

という事で、竹藪を整備してタケノコの収穫までを

年明けの1月の真冬からの作業が終わりを迎えます。

 

実は【きのこの山】は、一年を通して山の中で分解作業をしてくれています。

真冬でも春先でも彼らは一生懸命に働いています。

 

元々あったであろうスダジイの大木に カンゾウタケを確認したのは去年4月。

今年も同じ場所、同じ季節に確認できました。

山作業の合間を楽しませてもらいました。


続きを読む

共存共生共栄🍄自然界の循環と経済界の循環

同じ地球上に生存する生物同士の共栄は理想ですね。

 

2022年の年明け1月から冬場の仕事として竹藪の整備を進めたところ、

なんと!  4月に入りタケノコが出るわ・出るわで

収穫する体力が持ちません。嬉しい悲鳴です。

 

タケノコの収穫については色々と考えるところがありまして、

自然界の循環について、土地の所有者について、

人間のマナーについて、経済の循環について、、、など色々な思いが頭を巡ります。

 

【山のキノコの独り言】ですが、同じ地球上の一人の人間の理想論としてお楽しみください。


続きを読む

【たけのこの里】元気な春がやって来る前の冬の仕事

「山のキノコ」と名乗っていますが、

今回も【たけのこの里】に御付き合い願います<(_ _)>

 

自然界の中でのキノコの役割は、「分解」することで

山をお掃除しています。

 

枯れ葉や倒木を栄養源にしてキノコは育ちます。

人里に近い場である竹林は、人が手をかけて管理し

お掃除することが分解作業の手助けになっています。

 

同時に たけのこの恩恵にあずかることが出来、人里らしく手入れした後の美しさもあります。

枯れた竹を燃やしできた炭は、肥料となり土地を豊かにします。

 


続きを読む

リアル【たけのこの里】と【きのこの山】2つの違いと共通点

一年で最も寒さの厳しい2月、コロナの影響もあり

動くことに抵抗を感じますね。

 

しかし、

春を待っているだけではなく、準備を着々と進めなければなりません。

 

何の準備か? と、申しますと

【竹藪】ではなく【竹林】のほうがたけのこの発生率が良いことが

昨年の経験からわかったので、せっせと竹藪の整備をしています。

 

夏のやぶ蚊や猛暑や雑草に悩まされることなく、

効率よく作業をする時期としては、冬が最適です。

 

某大手製菓メーカーの可愛いお菓子【たけのこの里】と【きのこの山】を

思いながら、

神様からのプレゼントと人の関りに思いをめぐらしました。


続きを読む

2022年謹賀新年富士山のキノコに巡り合える奇跡🍄

2022年を迎え、明けましておめでとうございます。

紀元前から数えられるだけで5000年以上の時を重ね、

紀元から2000年を過ぎ既に22年になります。

 

2000年に誕生した赤ちゃんは立派な成人となり

社会人として自分の人生を歩んでいますね。

 

地球規模で見ると、わかっているだけで5000回以上の四季を循環し、

沢山の星が巡りめぐって現在に至っているはずです。

 

その内のほんの少しのキノコに奇跡的に巡り逢い、

愛でて、写真に収め、時には食し、楽しませて頂いている事が

本当に奇跡的な有難いことだと思う今日この頃です。

 

続きを読む

ガイドブックには載っていない🍄由緒正しい?冬の散歩

緊急事態宣言も解除となり

大慌てできのこ狩りを攻めまくった2021年の10月でした。

 

長野の知人の案内で、憧れの「雪となめこ」の

写真も撮ることが出来ました。

 

夏の避暑地のイメージであるキャンプ場の遊歩道を歩き

久々のきのこ狩りは、とても清々しい冬のお散歩気分でした。

 

知人のお陰で、日常では味わえない体験をさせていただきました。

 


続きを読む

風の時代の過ごし方🍄日本の四季を味わう「きのこ狩り」

風の時代という言葉を聞きなれない方も多いと思います。

今までは地の時代だそうですが、

風はきのこの胞子にとっては無くてはならない自然現象です。

 

金木犀が咲いたらきのこが出てきた合図。とよく言われます。

爽やかな秋の風に乗っていい香りで私達を楽しませてくれますね。

 

今年は9月に既に「きんもくせいが香っている」との情報にふれ、

とても心配していました。

 

という事は・・・緊急事態宣言も解除になり

堂々と県外へのきのこ狩り遠征をしよう!!

と、久しぶりのきのこ狩りに行ってまいりました。


続きを読む

2021年夏のきのこ狩り事情🍄いい事のある前触れ?!

 

2021年も折り返しを過ぎてから、オリンピック・パラリンピックと

なんとか無事に過ぎましたね。

 

去年に引き続き、コロナの影響から県外へのきのこ狩り遠征を控えています。

家でオリンピック・パラリンピックを応援する以外は、近場の自然を見直す

良い機会に恵まれました。

 

とは言え、

我が家の近場は、放置林か竹藪か工場の緑地帯です。

 

長雨や残暑に振り回されましたが、緑地帯でナラタケモドキが元気に群生している姿を

見ることが出来ました。

2021年の夏のきのこ狩りは、報告する題材がないのでこれからの秋に期待したいところです。

山のキノコの独り言になります🍄

 


続きを読む

落花生の栽培現場🥜山のキノコの独り言

私の生れ育った千葉県の名産は、落花生です。

落花生落下の現場をついに見つけました。

 

いつもの年でしたら夏のキノこのご報告が出来るのですが、

自粛してご近所での発見! 落花生栽培現場からです。

 

直ぐ近くの農家さんの畑で見ているはずなのに、

初めて見ることが出来ましたのでご報告いたします。

 

不思議と言えば不思議ですが、

なるほど「落下生」とはそのまんまの素晴らしい名前だと改めて感じました。

落花生」🌸ですね(*^▽^*)

続きを読む