自然環境の中のけなげなキノコ

キノコと地球上に共に生きるモノとして
仲よく暮らしたいですよね。
キノコは健気です(*^_^*)
土壌の微生物たちも懸命に働いてくれています。
頑張れ! 小っちゃいモノ達!

【たけのこの里】に同居する【きのこの山】カンゾウタケ 

【たけのこの里】も発生が一段落し、

いよいよ やぶ蚊だらけの夏山へと移行していきます。

 

という事で、竹藪を整備してタケノコの収穫までを

年明けの1月の真冬からの作業が終わりを迎えます。

 

実は【きのこの山】は、一年を通して山の中で分解作業をしてくれています。

真冬でも春先でも彼らは一生懸命に働いています。

 

元々あったであろうスダジイの大木に カンゾウタケを確認したのは去年4月。

今年も同じ場所、同じ季節に確認できました。

山作業の合間を楽しませてもらいました。


続きを読む

【たけのこの里】元気な春がやって来る前の冬の仕事

「山のキノコ」と名乗っていますが、

今回も【たけのこの里】に御付き合い願います<(_ _)>

 

自然界の中でのキノコの役割は、「分解」することで

山をお掃除しています。

 

枯れ葉や倒木を栄養源にしてキノコは育ちます。

人里に近い場である竹林は、人が手をかけて管理し

お掃除することが分解作業の手助けになっています。

 

同時に たけのこの恩恵にあずかることが出来、人里らしく手入れした後の美しさもあります。

枯れた竹を燃やしできた炭は、肥料となり土地を豊かにします。

 


続きを読む

リアル【たけのこの里】と【きのこの山】2つの違いと共通点

一年で最も寒さの厳しい2月、コロナの影響もあり

動くことに抵抗を感じますね。

 

しかし、

春を待っているだけではなく、準備を着々と進めなければなりません。

 

何の準備か? と、申しますと

【竹藪】ではなく【竹林】のほうがたけのこの発生率が良いことが

昨年の経験からわかったので、せっせと竹藪の整備をしています。

 

夏のやぶ蚊や猛暑や雑草に悩まされることなく、

効率よく作業をする時期としては、冬が最適です。

 

某大手製菓メーカーの可愛いお菓子【たけのこの里】と【きのこの山】を

思いながら、

神様からのプレゼントと人の関りに思いをめぐらしました。


続きを読む

2022年謹賀新年富士山のキノコに巡り合える奇跡🍄

2022年を迎え、明けましておめでとうございます。

紀元前から数えられるだけで5000年以上の時を重ね、

紀元から2000年を過ぎ既に22年になります。

 

2000年に誕生した赤ちゃんは立派な成人となり

社会人として自分の人生を歩んでいますね。

 

地球規模で見ると、わかっているだけで5000回以上の四季を循環し、

沢山の星が巡りめぐって現在に至っているはずです。

 

その内のほんの少しのキノコに奇跡的に巡り逢い、

愛でて、写真に収め、時には食し、楽しませて頂いている事が

本当に奇跡的な有難いことだと思う今日この頃です。

 

続きを読む

風の時代の過ごし方🍄日本の四季を味わう「きのこ狩り」

風の時代という言葉を聞きなれない方も多いと思います。

今までは地の時代だそうですが、

風はきのこの胞子にとっては無くてはならない自然現象です。

 

金木犀が咲いたらきのこが出てきた合図。とよく言われます。

爽やかな秋の風に乗っていい香りで私達を楽しませてくれますね。

 

今年は9月に既に「きんもくせいが香っている」との情報にふれ、

とても心配していました。

 

という事は・・・緊急事態宣言も解除になり

堂々と県外へのきのこ狩り遠征をしよう!!

と、久しぶりのきのこ狩りに行ってまいりました。


続きを読む

カーバーパルーザー・木の粉の魔術師達

野外で活動するのによい季節になりました。
4月11日・千葉県市原市クオードの森にて
カーバーパルーザが開催されました。

 

チェーンソー・一本で丸太を彫る芸術祭です。

と、足元には木の粉がいっぱい🍄

 

栗田さんの開催するパルーザに全国のカーバーが参加してくれました。

2021年の今年は、昨年のコロナからの2年ぶりの開催となりました。

 

2019年と同じく、大会で技術を競うのではなく「お互いに影響し合いながら楽しく彫る」
栗田さんの人柄の出る催しでした。

山のキノコ(キノ小僧&キノ子バァバ)は、たけのこ屋さんとして参加🌸

なんとテーマは「きのこ」(?)

まさしく、きのこの山たけのこの里の競演となりました(?!) ・・・

と、勝手に思っています(;^ω^)

 

栗田さん情報はコチラをご覧ください。

チェーンソーアートの栗田さんの技を目の当たりにして


続きを読む

チチタケ🍄栃木県ではマツタケ以上の高級品?!

チチタケは栃木県では異常な人気があります。

マツタケ以上かもしれません。

 

7月まだ、梅雨明け前にチタケを発見しました。

過去に数回見かけた場所ですが、あまり期待していなかったので

大変嬉しいです。

 

今年は本当ならば東京オリンピックでしたね( ;∀;)

まことしやかにささやかれている「オリンピックイヤーは豊作」

4年に一度菌界でもビックバーンが起こるのかな?

 

県外への外出は控えたほうがいいですよね。

地元千葉県でもチタケを見つけたから・・・いい?

もっと沢山きのこに逢いたいものです。

続きを読む

山のキノコの独り言🍄志賀高原から憧れのナメコのお便り

志賀高原の知人からのお便りでナメコの写真を頂きました。

私共キノ小僧&キノ子バァバは、まだナメコの群生にお目にかかったことがない話をしましたら

 

志賀高原の知人は、

きのこの種類を写真で紹介!極秘報告書きのこ狩りの記録

の中に、ナメコの写真がない事を気の毒に思ってくださいまして・・・

快くお写真を頂戴しました・・(*^▽^*)

 

ナメコは「滑らかな子」ぬめりが強くて、舌触りが良い。

優秀な食菌ですね。

 

その理由は、どんな所にあるのでしょう?!


続きを読む

山のキノコの独り言🍄withコロナのご時世

いつもの梅雨とは違う日々

ドライブに行けない😢

という事は、温泉にも行けない。

海の幸、山の幸を求めて出かけることが出来ない。

 

おまけに今年の夏は富士山の登山道は閉鎖されるらしい。

山に入りにくい。

 

そんな人間界の事はさておいて、近場をお散歩すると・・・

ありました!

キノコのマンション?! 集合住宅?!

続きを読む

山のキノコの独り言🍄食材だけじゃないキノコの働き

畑にあった大木は、太陽の光を遮る理由で

伐採されたのだと思われます。

 

切株にはきのこが・・・元気よく働いていますね🍄

数年後には、きのこの働きで残った大きな切株も姿を消すことになります。

 

人間が自然に無関心でも、自然の方は淡々と仕事をして変化をしています。

「自然のままにしておく」ことと「放置」という言葉について考えてみました。

続きを読む