自然環境の中のけなげなキノコ

キノコと地球上に共に生きるモノとして
仲よく暮らしたいですよね。
キノコは健気です(*^_^*)
土壌の微生物たちも懸命に働いてくれています。
頑張れ! 小っちゃいモノ達!

チェーンソーカービングの祭典!カーバーパルーザ

野外で活動するのによい季節になりました。
4月20日21日・千葉県市原市クオードの森にて
カーバーパルーザが開催されました。

チェーンソー・一本で丸太を彫る芸術祭です。
栗田さんの開催するパルーザに全国のカーバーが参加してくれました。

大会で技術を競うのではなく、「お互いに影響し合いながら楽しく彫る」
栗田さんの人柄の出る催しでした。

山のキノコ(キノ小僧&キノ子バァバ)は、お花屋さんとして参加🌸
今回はお花に🌸を持たせて、「自然環境の中のけなげなキノコ」はなりを潜めていました。

続きを読む

地球防衛軍きのこ指令室長・輪廻転笑さん

地球の樹木や落ち葉を分解するきのこの働きには
常日頃大変お世話になっています。

大きくなって自らの重さで倒れる木。
季節が過ぎて枯れ落ちる葉。

何度も何度も季節が廻り、何度も何度も新芽を出してくれる自然。

人間の生まれ変わりを輪廻転生と言うのなら
自然の生まれ変わりを輪廻転笑と言ってもいいのかな?

Facebookのきのこ部のお友達・輪廻転笑さん。
ご本人にお逢いしてきましたのでご報告を致します。

続きを読む

手作りの逸品!木製プランターは間伐材の有効利用

チェーンソーを生まれて初めて手にして半年。
多くの方々をしり目に
やっと形を作りましたよ( ^ω^)・・・

何に見えますか?

きのこですよ!
きのことマーガレットのコラボ!

間伐材とピンクのマーガレットと菌類と・・・そこに人間の私がお邪魔してみました。

なんの意味があるの?!って( ^ω^)・・・

ま~小っちゃい事ですが、聞いてくださいよ。
きっと世界中の誰もがお世話になっているアノ事を改めて感じる事だと思うのですが・・・

続きを読む

山のキノコの独り言、とうとう木の粉を自分で作りました🍄

山のキノコ(キノ小僧のジジ&キノ子バァバ)の独り言です。

間伐材の有効利用からチェーンソーで作業をするようになり
とってもいい木の粉が出来ますね(#^.^#)

( ,,`・ω・´)ンンン?

これはまさしく木の分解作業ではありませんか?!
とうとう山のキノコ(キノ小僧のジジ&キノ子バァバ)は、キノコさん達の仲間入りか?!

まぁ~そう簡単に仲間に入れてもらえるとは・・
それなりの大変な事はありますよね🍄

続きを読む

地球防衛軍きのこ指令室より杉の子「スギコ」ちゃんへの任務

きのこの最盛期を過ぎた冬でも我々地球防衛軍は黙々と任務の遂行をしています。

きのこ指令室より新たな指令が発令されました。
その前に
の子供のスギコちゃん達を紹介しなければなりません。

スギコちゃんの立場を多くの人に知らせなければ・・・
春になると杉花粉と言う言葉だけで厄介者扱いされてしまう彼女の使命とは?!

もっと根本的な我々地球防衛軍きのこ指令室の存在を確認する必要のある方は、コチラをご覧になってから

家庭菜園の土づくりは地球防衛軍のキノコ菌の任務

「えぇ~何の仕事! 誰に?!」
御心配には及びません。山のキノコことキノ小僧とキノ子供バァバにです。


続きを読む

自然に関わる仕事!山のキノコの独り言「間伐材の有効利用」

山のキノコ(キノ小僧・キノ子バァバ)として、自然に対して仕える事
きのこ狩りを楽しんで美味しく食べることです(*^_^*)

つまり、きのこ狩りは立派なお仕事として自然に貢献しています。

だけど・・・
なんだかもう一つはっきりと「仕事」として形があるといいなぁ~
実際に誰かの役に立つといいのですが・・・

山の仕事の一つ間伐は、混み過ぎた樹木の間引きの事です。

きのこ狩り以外に自然に対してお仕えすることがあるのかな?!
と言う訳で・・・
間伐材を有効利用してあるモノを作りましたよ(*´∀`*)


続きを読む

山のキノコの独り言🍄自然の恵みを一つの鍋で頂きました。

山のキノコことキノ小僧とキノ子バァバは、とうとう年金生活に入りました。
衣食住を出来るだけ楽しくまかなうことで 毎日の生活は相当充実します。(*^▽^*)

きのこ狩りの趣味を生かして収入までは得られませんが、
自然界からタダでいただけるものは有難くいただく姿勢を貫いております。

お陰様で庭の細いタラの木の切株から3回目のヒラタケの発生と、
親戚の御餅つきに参加して野菜と猪の肉を頂いたことから
ほぼ0円鍋を味わうことが出来ました。

農家さんと猪について感じたことがありましたので、独り言を・・・


続きを読む

ナラタケについて頂いたコメント、きのこの奥の深さを再確認

ナラタケについて頂いたコメントを紹介したいと思います。

きのこに関してのコメントはとても貴重なものでして、
なかなかいただける機会がありません。

その訳は、きのこの存在の幅の広さがあります。

きのこを食用として見るのであれば、食べられるのか? 毒があるのか?
それとも美味しいのか? 美味しくないのか?

きのこを薬用として見るのであれば、どんな作用が人間の体に有益なのか?

きのこを形として見るのであれば、写真映りはどうか? 自然の造形美からのヒントはないか?

きのこを工業的な目的として見るのであれば、森全体の分解作業と人間の共存のための自然環境から学ぶことはないか?

難しすぎてしまうと何故かつまらなくなってしまうのがオチですよね(*’▽’)
頂いたコメントからお互いに色々と資料を見て情報交換できる楽しさが生まれましたのでご報告です。


続きを読む

貸農園で挑戦!小っちゃいモノ達の活動にどうすればいいの?

 

農園をお借りして半年、案の定雑草だらけで
作物どころではありませんでした。

初夏の頃には可愛らしいヒマワリを見ることが出来ましたが、
あっという間に雑草が背丈以上になってしまいました。

きのこ狩りを楽しむように草刈りができたらいいのに😞
春の山菜のように美味しく食べられる草ばかりだったらいいのに。

貸農園で挑戦!その後・・・
夏場の雑草にコテンパンにやられてしまいました。

小っちゃいモノ達の活動とその対策や楽しみについて考えてみました。


続きを読む

きのこの種類の数だけ楽しみ方は多種多様、今シーズンは?

今シーズンも元気に楽しくきのこ狩りを堪能することが出来ました。
自然の恵みに感謝ですね。

きのこの種類は名前の付いているモノだけで約3000種と言われます。
その他名前の付いていないモノを合わせると3倍以上の1万種はあるといいます。

食べて、見て写真に収めて、探して、研究対象として、きのこと関わることが出来ます。

地域によって食べ方が異なったり、見た目を「美しい」「美味しそう」「可愛い」と感じたり、
散歩中に探したり、山奥深く求めたり、胞子の形を顕微鏡でのぞいたり、新薬を探ったり・・・

本当にきのこに対する人間の楽しみ方は多種多様・千差万別色々ですね。

山のキノコ(ジジババペア)の場合は、夏から秋にかけてのきのこ狩り遠征を楽しみ
冬場の鍋材料とお正月用のホンシメジの確保がポイントです。

宝探しとしてきのこと対峙、美味しく頂くことができてほっこりした事などなどのお話です。


続きを読む